伝統芸能

佐渡の島開きは鬼太鼓♪【金北山神社例祭 新保八幡宮例祭 篇】

「春を呼ぶ鬼太鼓」

沢根五十里 金北山神社例祭神事

毎年4月、佐渡では島開きが行われます。その島開きを盛り上げてくれるのが、鬼太鼓!!

4月中旬には、2ヶ所の神社で鬼太鼓が行われます。

そのうちの1つが「金北山神社例祭神事」。

宮司による御祓いの後、まずは獅子舞を奉納。

そして、沢根五十里の鬼は“豆まき”をします。太鼓の音とともに鬼の踊りも激しくなり…、クライマックスには何かがおこります。

気になった方は、ぜひ会場に足を運んでみてください♪

 

金北山神社(沢根五十里)へのアクセス

地図

タップすると地図が表示されます。

金井新保 新保八幡宮例祭

もう1つが、「新保八幡宮例祭」。

桜の名所としても有名な八幡宮。

ここでは、4組の鬼が同時に奉納します。そのため、迫力があり、毎年沢山の方が訪れます!

境内は鬼太鼓を見渡せる特等席。場所取りは、鬼太鼓が始まる1時間以上も前から行われます!

八幡宮の祭礼は、なんと700年もの歴史を持ちます。

鬼太鼓の他にも、流鏑馬などの伝統芸能が行われ、1日中楽しめます!

八幡宮は、島内で桜の名所としても有名です。

祭礼が行われる時には桜の花が満開になっていることが多いのでので、そこにも注目してみてください。

春を満喫できる祭礼となっています♪

新保八幡宮へのアクセス

地図

タップすると地図が表示されます。

  • サンフロンティア佐渡株式会社のバナー
  • おけさ観光タクシーのバナー