佐渡ログ

佐渡には海も山もある! 山篇 「ドンデン高原ロッジ(ドンデン山荘)」

佐渡で

“ソーシャルディスタンス”を第一に、感染症対策には気を付けて、夏を楽しみましょう。

 

※国や各自治体からの要請、注意喚起に従い、移動制限がある場合は来島をご遠慮いただきますようお願いします。

佐渡市からのお知らせはこちら

新潟県より登山者の皆様へのお知らせはこちら

今日8月10日は山の日。

そこで、今回はドンデン高原の夏の魅力を紹介します!

アオネバトレッキングだけじゃない! ドンデン高原の魅力

山野草トレッキングで人気のドンデン高原。人気のアオネバなど様々なトレッキングコースがあります。

でも、もっと気軽に山を楽しみたい。そんな方におすすめなのが、ドンデン高原を散策するコースです。

ドンデン高原ロッジ(ドンデン山荘)の駐車場をスタートし約2時間ほどハイキング。絶景ポイントもたくさんの、見どころ満載のコースです!

360度見渡せる尻立山

ドンデン高原の最高峰の尻立山には、20分ほどで到着。360度を見渡す絶景に、思わずおぉっという声が出ます。

金北山方面に向かう柔走路や、ふもとの集落に向かう急峻な谷間など、ダイナミックな自然を楽しめます。

急坂もほとんどないので、トレッキング未経験者でも安心です。

尻立山を下り避難小屋方向に進むと、ビュースポットのドンデン池が現れます。

緑につつまれたドンデン池。とても神秘的な空間です。レンゲツツジのシーズンには、美しいオレンジの花を楽しめます。

(撮影は6月上旬です)

ドンデン高原を散策したいけど、あんまり汗をかきたくない…そんな方には林道から向かうのがおすすめ。

入川側のゲートの先にあるドンデン池方面に向かう林道は、道幅も車一台通れるほど広く、アップダウンも厳しくないので、小さなお子様連れでも安心して歩けます。

マイナスイオン溢れる木漏れ陽が心地よい径でゆったりリラックスしてください。

8月上旬から9月にかけて、長距離を移動する”旅する蝶”のアサギマダラも飛来。人をあまり怖がらず、花の蜜を味わう様を間近で見ることができますよ。

夏にも訪れたいドンデン高原ロッジ

ドンデン山荘は、アオネバトレッキングや大佐渡山地縦走の拠点としての利用が多いですが、トレッキング以外でも多くの人に親しんでもらうため、この夏ドンデン高原ロッジという愛称をつけたそうです。

デッキからは佐渡と本州を一望。天気が良い日には、粟島や山脈など遠くまで見通すことができます。

 

客室は2人部屋~4人部屋の洋室。それ以上の場合は、和室で対応されるそうです。

二段ベッドでわいわいやるのも楽しそう。

2人部屋には、シモンズベッド使用の少しリッチなお部屋も。

カップル向きですね

広く清潔感のあるお風呂。日帰り入浴も可能です。

お楽しみの夕食は、佐渡の山海の幸がたっぷり!

2人以上からお刺身は船盛で味わえます。

 

宿泊のお楽しみは夜景や星空ウォッチング。

日没前後から、眼下の国中平野や対岸の新潟のあかりがきらめき始めます。

あたりが闇に包まれると、日本海の暗闇に浮かび上がる佐渡と新潟の夜景、そして空を埋める星空の競演。ずっとずっと見ていたい景色です。

静寂な夜のしじま、語らうもよし、のんびり景色を眺めるのもよし、日ごろのストレスから解放されてのんびり過ごしましょう。

夜は冷えるので、上着を持参くださいね。

そして朝焼け。対岸から昇る朝日が日本海を照らします。

タイミングが合えば、雲海も見ることが出来ますよ!

朝食は和定食。希望者にはお弁当に変更することも出来ます

食後には、ドンデンの美味しい水で淹れたコーヒーがおすすめ。

 

もちろん宿泊しなくても利用できます。ランチ利用はもちろん、ソフトクリームやかき氷などの冷たいスイーツもあるので、日中の避暑で訪れるのもおすすめです。

両津港から車で40分。海遊びとともに高原リゾートも楽しみませんか?

ドンデン高原やロッジの最新情報はこちらからチェック!

****佐渡観光のおすすめ****

旅のご相談は ハッピー佐渡トラベル

レンタカーは 気軽にレンタカー

タクシーは おけさ観光タクシー

宿泊は 佐渡リゾートホテル吾妻

       たびのホテル佐渡

    伊籐屋旅館

トレッキングなら ドンデン山荘

宿根木観光には 北前船邸宅  あなぐち亭

  • サンフロンティア佐渡株式会社のバナー
  • おけさ観光タクシーのバナー