島開きの4月15日は大忙し!

まもなく4月。そう、いよいよ佐渡の春祭りシーズン到来です♪

島開きの4月15日を中心に、国中地区を中心に多くの集落で春祭りが行われ、鬼太鼓が登場します。
(スケジュールは鬼太鼓カレンダーをご参照ください)

しかし、今年の4月15日はイベントや行事が目白押し

どこに行こうか悩ましいほどです。

 

まずは、片野尾ふるさと会館で「第20回 片野尾歌舞伎定期公演」

佐渡唯一、市民歌舞伎の伝統が残る片野尾地区で、2年に一度開催される定期公演で、今年の演目は「絵本大功記十段目 尼ケ崎庵室の場」。明智光秀をモチーフにした時代物です。
演者はもちろん、大道具や小道具、衣装もすべて住民の手作り。田舎歌舞伎と侮る無かれ、熱のこもった本格的な歌舞伎を楽しめます。

 

続いては、南佐渡の春を告げる「第22回 おいらん道中in桜まつり」

羽茂地区の市街地 を、綺麗に着飾った“花魁”や“禿”が練り歩く、豪華絢爛な道中です。
他にも地域伝統のつぶろさしや、羽茂高校郷土芸能部が出演する芸能ステージや、羽茂のうまいもんや趣味のものが立ち並ぶフリーマーケットなど、楽しい催しが予定されています。

 

一方、佐渡の北端 大野亀ではトビシマカンゾウの保護 定植を行う「カンゾウボランティア」が行われます。


大野亀一帯は日本最大のトビシマカンゾウ群生地。『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』でも二つ星に認定されるほどの景観で、カンゾウの花が咲く5月下旬~6月上旬は多くの観光客で賑わいます。
群生がここまでの群生地となったのは、地元住民による保護活動の成果です。草刈りなどの保全はもちろん、種を拾い苗を育て定植する作業を地道に続けています。
最近では、島内企業や団体、そして島内外の個人参加者が数多くボランティアに駆けつけてくれています。新緑が芽吹く大野亀台地で流す汗も格別ですね。

 

ちょうど桜も身頃を迎えそうです。

春を喜び島全体が躍動する島開きの週末、一緒に体感しませんか?

 

【各イベントのご案内】

第20回 片野尾歌舞伎定期公演 「絵本大功記十段目 尼ケ崎庵室の場」
4月15日(日) 13:30~16:00 (開場13:00)  片野尾ふるさと会館
お問合せ 片野尾歌舞伎保存会 片野尾区 (三国屋) 0259-29-2029

第22回 おいらん道中in桜まつり
4月15日(日) 10:00~16:00 羽茂本郷一帯
10:00~15:00 フリーマーケット
11:00~15:00 芸能ステージ
(太神楽つぶろさし・羽茂高校郷土芸能部・羽茂民謡研究会・舞踏の会・フラダンス・南佐渡中学校・よさこい)
15:00~16:00 おいらん道中
お問合せ 羽茂商工会 0259-88-2160

カンゾウボランティア
4月15日(日) 9:00~(午前で終了) 大野亀台地
お問合せ 海府観光協会 0259-26-2410
※鉢またはスコップ(雨天の場合は雨具)持参

 

レンタカーで佐渡を楽しもう!! ご予約はこちらから!

佐渡汽船レンタカー予約

佐渡日和おすすめのお宿はこちら

相川温泉夫婦岩の湯 ホテルめおと
佐渡加茂湖温泉 湖畔の宿 吉田家
佐渡椎崎温泉 ホテルニュー桂
佐渡住吉温泉 みなみ旅館
ご縁の宿 伊藤屋

佐渡日和からのお知らせ