佐渡ログ

“うかじん”さんに行ってきました

標高105mからの眺めは最高!海も里山も一望できます

皆さま新年いかがおすごしでしょうか。

私は初めて佐渡で年越しをしました。初詣どこに行こうかと勧められたのが両尾(もろお)にある宇賀神社、通称「うかじん」さんです。うかじんさんは白蛇を祀った商売の神様として島内でも有名。
参拝客の車列が海岸線沿いに長く続きます。

 

しかし有名な理由はそれだけではありません。お社が立っているのは海抜105mの小山の頂上。500段以上の石段を上った先にあるのです。
果たして無事たどりつけるかどうか。

意を決して登り始めます。高い杉の間の参道は神秘的。しかし不規則で急こう配な石段に苦戦し、歩き出して数分で息が上がる始末。
先はまだまだ長いぞ!

先の見えない石段を休み休み登ります。息もキレギレで休んでいるその横を子供が元気に通り過ぎていきました。
杖をつきながら上がっていく高齢者も多く、健脚におどろくばかり。自分の情けなさと運動不足を猛省です。
途中まで数えていた段数も分からなくなりました。

やっとのことで頂に到着。
大勢の人が参拝しおみくじに一喜一憂しています。
私のおみくじは「中吉」。まあまあというところでしょうか。
それにしても素晴らしい見晴らし。登ってきた疲れを癒してくれます。
帰途はガクガクする足で階段を踏み外さぬようゆっくり降りました。午後3時を回ろうという時間なのに参拝客の波は途切れません。子どもを抱えて登る若ママさんのたくましさに感動!
今年一年うかじんさんに守られながら頑張ります!
どうぞよろしくお願いします。