伝統芸能

島開きの鬼太鼓(小倉) & いよいよ「鬼太鼓どっとこむ」がやってくる!

島内屈指の人気 小倉の鬼太鼓も「鬼太鼓どっとこむ」に参加します!

小倉鬼太鼓 物部神社お宮入りはスペクタクルショータイム!

第1弾から間があいてしまいましたが、それでも小倉の鬼太鼓は紹介しておきたい!ということで4月15日の物部神社例大祭の模様をご紹介。

神社名でピンと来る人も多いと思いますが、歴史で習ったあの「物部氏」に縁を持つ由緒正しい神社で、延喜式九社の第一に挙げられ、かつ延暦十年(791)県下で最初に神階(従五位下)を授けられた旧県社なのだそうです。

小倉は山間の小さな集落。最近は千枚田で有名です。普段はとても静かな村が、この日は大賑わいになります。もちろん目当ては鬼太鼓。特に夜の「お宮入り」は人気が高く、境内には1時間以上前から人々がわんさか訪れます。

小倉の鬼は「前浜流」といわれ、太鼓や笛の音に合わせて鬼や「たすき」と呼ばれるOBたちがペアとなって踊ります。飛び跳ねながらの踊りは見ごたえ十分。しかも宮入りでは4組の“唐”(鬼や太鼓、笛など鬼太鼓を形成するグループ)が一斉に奉納の踊りを披露するので、その迫力たるや圧巻の一言!病み付きになり毎年のように訪れる観光客も多いとか。

8時を回ったころ、まずは子供鬼太鼓が始まります。子供と侮るなかれ。クオリティーはかなり高く、練習を重ねた成果と小倉の「血」を感じさせてくれます。

子供たちの頑張りに感心していると、鳥居付近でなにやら騒ぎが。どうやら獅子舞との小競り合いが始まったようです。鳥居を前に鬼組が立ちはだかり、「通せ」「通さない」のやりあいが行われます。これも宮入りの儀式の一つ。

やがて獅子舞が鬼を押し通し、境内に駆け込んできます。

獅子を見送った後、いよいよお待ちかねの鬼太鼓奉納です!

早朝の打ち出しから1日中門付けに歩き、もうクタクタであろうその身体。渾身の力を振り絞って奉納の踊りを披露します。
月明かりの下笛と太鼓の音が奏でる幻想的な世界にすっかり酔いしれました。

小倉の鬼太鼓。生で観てみたいと思いませんか?そんなアナタに耳寄りな情報が!

 

「佐渡國鬼太鼓どっとこむ」にいらっしゃい!

来る5月28日(日)。両津港からすぐの「おんでこドーム」で「第17回 伝統芸能祭 佐渡國鬼太鼓どっとこむ」が開催されます。
そこに小倉の鬼太鼓も登場!他にも名立たる鬼太鼓や伝統芸能の団体が参加します。

佐渡國鬼太鼓どっとこむのチラシ。表紙は可愛らしい“おんでこ”ちゃんです。

各団体のスケジュールも決まりました。お目当ての出番をお見逃し無く!

ドーム内には佐渡の美味いもんが集結。観道楽食道楽最高です!

会場周辺では様々な体験教室を実施。家族みんなで楽しめます。

 

ぜひ生の鬼太鼓を体感しにいらしてください!

 

レンタカーで佐渡を楽しもう!! ご予約はこちらから

佐渡汽船レンタカー予約

佐渡日和おすすめのお宿はこちら

相川温泉夫婦岩の湯 ホテルめおと
佐渡加茂湖温泉 湖畔の宿 吉田家
佐渡椎崎温泉 ホテルニュー桂
佐渡住吉温泉 みなみ旅館

集落の鬼太鼓の予定は「鬼太鼓カレンダー」で!