風の島~大阪へ 「じょんのび にいがた」

3月になって初日は、大嵐。

夜半から強風が吹き始めた音を聞きながら、迷っていました。

 

3月3日、4日の 二日間 大阪へ。

「じょんのび  にいがた」での、初めてのイベントに出店いたします。

 

2日に佐渡を出発、大阪へ行く予定で準備していたのですが‥‥船が運航できるのか‥心配。

西日本から佐渡を通って、北海道まで移動するらしい、大荒れもようの天気予報。

 

レーダーで

レーダーに 嵐のかたまり

 

昼ころからは、更に強い暴風・波浪警報が出され、外出さえ危険な状態になりそう。

風の音も強く、家に吹き込む隙間風が、襖や窓ガラスをガタガタ揺らしています。

 

このままでは、佐渡汽船が欠航になってしまう‥‥

そこで、

波が高くなる前に、朝一番の5:30の便で新潟へ渡ることに急遽、予定を変更しました。

 

カーフェリー

カーフェリー欠航の表示

 

その後、ますます風は強くなり‥

海上時化のため、次の便からはすべてバツが付き、欠航の表示が並びました。

これで、島は孤立状態に(>_<)

 

明日は、更にうねりが増し、波の高さが7mにもなるとか。

たぶん終日、欠航が続くことになりそう。

 

早めの行動を起こして、よかった(^_^)v

とにかく、佐渡から出ておかないと、事が始まらないのです。

 

新潟県のイベントスペースへの参加は、慣れない出張・出店ゆえに、

大勢の方からの、アドバイスや応援が、とても心強く参考になりました。

 

佐渡の伝統食の「柿餅」と、

ぜ~んぶ佐渡産の、丁寧に育てられた原料で作った、

柚子餅・古代餅・よもぎ餅・えごまのおかき・黒焼き玄米茶・おけさ柿の干し柿などを持参します。

混ぜ物のない素朴な佐渡産の柿餅を食べてもらい、佐渡を語り、知ってもらう大切な機会です。

( 裏の原材料欄を、ぜひご覧ください ) ここを、一番に誇りに思っています。

 

食の文化が異なる大阪では、何が喜ばれ、何が足りないのかを体当たりで感じてみたいもの。

「元気な人ばっかりだから、飛び込んで、楽しんだらいいのちゃう」と、アドバイス有り。

率直で会話を楽しむ、柔軟で豊かな気風だそうです。

いくら(商品)がイイ物であっても、お値段にはシビアなのも関西の人だそう‥。

 

素朴・純朴な佐渡の小父さんの、佐渡を伝えたいという本気と健闘が、

個性が強いと聞く大阪の方々に、ちゃんと伝わることを願うばかり。

 

 

どこに住んでも嵐に襲われる時は同じですし、じっと待てば晴れ間はいつか来ますが、

今回のように、どうしても海を渡らなければならない大切な約束のある時には、

離島に住むことのリスクを感じます。

 

そこで、一日前倒して、朝一番で新潟まで渡って準備するしかない状況になりました。

その後も、

予約の飛行機は、飛べるのか‥?  次の心配が。

 

おけさ丸

おけさ丸

欠航が決まって停泊、待機中のおけさ丸

 

☆。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。☆

 

不便な事も含めて、すべてが佐渡の生活。

 

愚痴るつもりは、さらさらないのですが、

海と船ばかりは、スケジュールをこなすうえで、避けようのない、難物、難敵です。

 

てんや・わんや、出発しました。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!