醤油の瓶詰め

醤油を搾ってから一週間が経ち、澱(おり)も静かに沈んだ頃。

清潔な瓶に移し替えの作業を行いました。

チューブから

チューブから ゆっくり

静かに、香りをたてながら充填されてゆきます。

醤油樽を台に載せて

醤油樽を台に載せて

瓶詰め作業も回数を重ねてきたので、

段取り良くスムースにできるようになってきました。

瓶が並びました

瓶が並びました

さっそく、友人や親戚、

毎日の食卓を大切にしたいと考える、若いお仲間達にも味わってもらおうと思っています。

 

3 / 30 日には、別の二つのグループの醤油搾りを見せてもらいました。

それぞれの樽の味が異なり、色も違って面白いこと(^-^)

 

醤油は、仕込んでからの観察と手入れが大切。

仕込みから 3回目の天地返し

仕込みから 3回目の天地返し

天地かえしを繰り返しながら、見守ってきました。

樽が置かれた環境と、塩などで個性が生まれることを実感しました。

 

我が家の醤油を持参して、集まったみんなに、“舐めて”いただくと

「香がいいですね」

 

香りと味は、樽の置かれる温度や環境の違いで、発酵の仕方が変わってくるそうです。

醤油ノート

醤油ノート

我が家の毎日の食卓に、手作りの醤油でお料理をできる安心と幸せ。

自前の醤油が毎日いただけるのは、うれしく愛おしい思いで

今日の瓶詰め作業を終えました。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!