酒蔵の麹で造る甘酒

光がまぶしく注ぎ、風もやさしくそっと吹き、待ちに待っていた春が来た\(^o^)/

外へ出て、深呼吸。

気持ちまで伸びやかに 春、春。 やっと春。

 

 

今日は、酒蔵の方から、酒蔵で造った麹を届けていただきました。

麹は、佐渡の蔵元「金鶴」で知られる、加藤酒造店さんの

酒米『五百万石』を60%まで磨いて、精米されたもの。

実際に酒造りに使う麹と同じように、麹室で手作業で造られた麹だそうです。

 

酒蔵 金鶴さんの麹

酒蔵 金鶴さんの麹

 

麹の持つ酵素の働きで、お米を糖化して、やさしい甘酒ができるそうです。

 

麹とご飯で造る甘酒は、アルコールが0%ですので、子供も授乳中のママさんでも

安心して飲める、うれしい甘酒。

 

炊飯器の保温モードで

炊飯器の保温モードで

 

麹‥‥100g ご飯‥‥200g ぬるま湯(お風呂くらい)‥‥300cc

 

炊飯器の蓋を閉めないで、布巾をかけ、時々かき混ぜながら5~6時間で完成。

 

保温中

保温中

 

かき混ぜる度に、ご飯がなめらかに変化していくので、麹の働きぶりを実感します。

 

出来あがりました

出来あがりました

 

おだやかな甘さ 甘酒

おだやかな甘さ 甘酒

 

味わいは、とてもピュアで、すっきりクリアな甘さ (^_^)v

 

普通の米麹と異なり、酒米を研いで、研いで造られた特別な蔵元の麹。

 

滋養ゆたかで、安心の甘酒は、家庭でも簡単に造れますので、

いろいろな場面で、食卓に上るようになると喜ばれると思います。

 

たとえば

上質で少量でも滋養豊かで消化吸収のよい病院食が頂けたら、まさに、飲む点滴です。

お米のやさしい甘さが、麹で更に凝縮されて、なめらかで美味しいこと(^O^)

学校給食などで、佐渡のお米で造る甘酒の味を、味わい知る体験ができたらいいな(^_^)v

家庭では子供からお年寄りまで、おだやかな甘酒が体を温めてくれそうです。

 

 

我が家では、麹で造る仕込み作業として、この冬に

味噌を20㎏・餅米入り塩麹3㎏・南蛮菜(ナンバンジャー)を造りました。

佐渡では身近に色々な麹があり、大活躍しています(^。^)y-.。o○

 

以前に、甘酒を造った時のブログです。

もち米と麹で作る甘酒

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!