快進撃中 アルビレックス新潟

今年のアルビレックスが、大躍進中です。

開幕以来 10 勝  3 引き分け、負け知らず。

 

アルビレックスが、念願のJ1に昇格した時も、

J2でなかなか成績を残せなかった時にも

ず~とファン。

 

Jリーグが誕生したのは、 29 年前の今日。

1993 年 5 月 15 日でした。

 

その日、サッカーを始めたばかりの息子は父親に付き添われて、

あこがれの国立競技場で、オープンセレモニーをスタンドから見つめていました。

 

レーザー光線が会場を照らし、国家独唱の後、

Jリーグの第一戦目が、19:30キックオフ。

 

プロリーグの開幕戦となったのは、

横浜マリノス Vs ヴェルディ川崎。

 

今では、レジェンドと呼ばれる存在になられた、名選手たちの名が記録に残っています。

サッカーに魅せられて、プレーに熱中した選手ばかり。

 

ヴェルディーは、

三浦知良・ラモス瑠偉・都並・柱谷・武田・加藤久・菊池新吉・北澤‥監督は松木安太郎

マリノスは、

松永・井原・水沼・木村‥監督は清水秀彦

外国人の選手は、エバートン・ディアス・マイヤー他

 

目の前のゴールネットに、サッカーボールがつき刺さった瞬間から、

ず~と熱戦の歴史が刻まれてきました。

チアホーンが吹かれ、チームの旗が打ち振られ (^^)v

 

Jリーグ百年構想が、本当に実現できたら素晴らしいな‥と、思いながらも

夢のような話にも思えたものです。

◎ 世界レベルの、緑の芝生のグランドを日本中に浸透させ

◎ 《地域に根ざしたスポーツクラブ》を核として、豊かなスポーツの文化を

サッカーを通して育てること。

◎ 町の名前を冠したサッカーチームを、

どんどん誕生させようと言う計画。

 

観る・する・参加する。

DO !  ALL  SPORTS

スポーツで、もっと、幸せな国へ

百年構想のスタートでした。

 

少年野球のチームはあっても、サッカーのチームはまだまだ少なく、

砂ぼこりが舞い、雨の日は泥んこのグランドしかない時代。

 

サッカーボールを追う子どもたちが、「夢のピッチは国立競技場」と言える、

憧れの場所となった日。

 

アルビが、反町監督のもとで J1 に昇格してからは、更に楽しみが増えました。

ジェフ千葉との試合があれば、マフラータオルを巻いて、

新潟の応援席で一緒に声援してきました。

サポター の タオル

サポーター マフラータオル

 

新潟のフェアプレー精神は、

相手チームの選手の怪我には、プレーを止めて対応したり‥

応援も紳士的で、知られています。

 

お互いが、走って、動いてのサッカー競技ゆえに、

危険を避けるために、守らなければならないルールが多いのは、

相手の為でもあり、自分のためでもあり、大切なことです。

自分で考えて、プレイする。

チームの仲間と、ゲームを作る楽しみを知る( ^^)

 

単純に、グランドを元気に走り回り、

友達と楽しく遊ぶところから始まった、

我が家のサッカー歴は、今や 30 年。

 

アルビレックス新潟の活躍で、ファンの応援の熱は増すばかり。

美しいピッチで、

翔けアルビ 《白鳥座の王》(^O^) !(^^)!

 

明日の試合も楽しみです。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ