蕎麦;集まり処 “ちょぼくり”

今日のお昼は“ちょぼくり”のお蕎麦。

地元産のそば粉で打つ、ちょぼくりの十割蕎麦。

あご(飛魚)ベースでおいしい出汁をとり、茹でたてをかけ蕎麦でいただく、佐渡の蕎麦です。

地粉 100% の蕎麦は、茹でたてでもくっ付きやすいのでどんぶりに盛られます。ねぎを薬味に、かけ蕎麦ですするのが佐渡の基本スタイル。

お客さまの注文を受けてから、蕎麦を打ち始めます。

蕎麦は500円。おかず2品を付けると100円プラスになります。

どんぶりは小さく見えますがたっぷりのお蕎麦で、満足感充分。

この日のおかずは、炒めた茄子とピーマンに紫蘇味噌かけ。きゅうりの漬物とみょうがの梅紫蘇漬けでした。季節の野菜に工夫を凝らした、地元の食べ方でお膳に。

さらに、鮎みそのおまけがついて、お客さまは珍しい味とサービスに大喜び。

柿餅本舗の柿餅もサービス品。

柿餅が搗き上がっていれば、お客さまに召し上がっていただいています。

ちょぼくり 店の入口

ちょぼくりの由来

そば畑。 お盆の頃に種を蒔き、ひと雨ごとに育っていきます。

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!