自家製の醤油作り

佐渡では「自家製の醤油を作ろう」と、醤油作りの会 の活動が始まっています。

 

初めて取り組んだ昨年は、リーダーのお宅に醤油を作る為の樽を置いてもらい

5~6人毎に分かれ、6グループが醤油麹や大豆・麦の変化する過程を、

定期的に天地かえしの作業に集まったり、味見をしながら、観察を重ねてきました。

 

今年は、我が家で醤油作りに挑戦しています。

 

4月に仕込んだ我が家の、現在の状態はというと、

 

本日の天地かえし

 

 

丸大豆 ふっくら

 

 

塩の味がまだ強いですが、素材の甘さが充分に感じられ、とても順調のようです。

発酵が進みやすいように、樽を二階の陽あたりのいい廊下に置いています。

 

先日、醤油の専門家の名畑醤油さんをお訪ねして、醤油について教えていただきました。

 

春に搾り冷蔵保存してきた、初めての醤油を持参すると、

「 素朴で自然な味だね。昔の味がするいい醤油だ」との感想をいただきました。

 

名畑醤油さんの店内

 

佐渡の醤油

 

 

 

佐渡の醤油屋さんの前掛けが、壁一面に飾られ、ギャラリーとなっています。

家庭の味を決める調味料は、醤油と味噌。

残念ながら、島内に醤油麹を作る麹屋さんは無くなり、醤油搾りの専門家もいません。

 

 

昔むかし、それぞれの家庭で醤油を作っていた時代を知る者と

安全で安心な自家製の醤油を作ってみたい、と言う若者と協力して

復活できるといいな、したいな・・・。

 

名畑さんをお訪ねした翌日、今度は我が家へ来て下さいました。

二階の醤油の天地かえしを見て、味見を‥との、展開になったのです。

 

「 醤油を搾る時に使っていたものだよ。よかったら参考に」と、

搾り袋もプレゼントして下さいました。

 

醤油 搾り袋

 

専用の搾り機は無くても、豆腐を絞った箱を活用してもいいし、

じっくり滴るのを待ってもいいし‥‥。

「 なんとか、出来るよ。大丈夫 」と、こころ強い応援の言葉をいただきました。

 

昨年の、醤油作りのことを書いたものです。

醤油を搾る

 

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!