胡瓜のつくだ煮

朝から、むし暑さを感じています。

 

今日は、食品表示法、栄養成分の表示が義務化される2020年4月に向けて、

加工食品の栄養成分表示制度について、どのように対応したらいいのか‥。

NICO (公財)にいがた産業創造機構さんが、個別相談会を開いてくれましたので、参加。

新潟へ。

 

☆。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。☆

 

畑では、キュウリが次々と取れるようになってきました。

 

取りたて 胡瓜

取りたて 胡瓜

サラダや即席の塩もみの漬け物など、毎日食べきれないくらい!(^^)!

 

いつもの、つくだ煮を作ってみました(^^)/

タネをとって

タネをとって

種をスプーンで取り、塩もみして一晩。

塩漬けして

塩漬けして

食感がよくなるように、水分をしっかりと絞ります。

 

つくだ煮

つくだ煮

鷹の爪の小口切りと生姜の千切り、醤油と味醂と酢、地元のお酒を加えて、

煮立ったところに、キュウリを入れます。

強火で、手早く煮詰めて完成。

数日で食べきれるように、少量ずつ作って常備菜に。

ポリポリとした食感の“キュウリのつくだ煮”は、我が家の夏の定番。

その他、辛子漬けやしば漬けなどでも楽しめ、キュウリは重宝な夏野菜。

 

夏野菜

夏野菜

頂きものシリーズ

ナス各種・ピーマン各種・トマト各種‥ ありがたや、ありがたや。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!