羽茂まつり

おけさ柿の成長は順調のようです。

若葉が茂り、柿の実の摘果作業もほぼ終わったようです。

 

今日は、親戚が住む羽茂へ祭りを見に行って来ました。

祭りは曜日を問わず6月15日に行われ、羽茂地区ならではの芸能が幾つも守られています。

 

つぶろさし

つぶろさし

 

羽茂には三つの地域につぶろさしがあり、県無形文化財となっています。

五穀豊穣を願い、菅原神社と草刈神社に奉納される神楽の一種。

 

まあ、何んともおおらかな奇祭、芸能で‥

地区の若手は真っ先に駆りだされ、先輩の指導のもと受け継がれてきた芸能。

「まぁ、面でもつけなけりゃ、恥ずかしゅうてとても舞わりゃあせんちゃ」

おだやかな青年達は、普段はサラリーマンだったり、農業者だったり。

祭りを継承するための稽古を重ね、酒を飲み交わすうちに

仲間同士の一体感を深めていくそうです。

 

神輿

神輿

 

大獅子

大獅子

 

町内の家々では花 ( 祝儀 )を準備し、大獅子は玄関や座敷きまで踊り込むことも。

街じゅうに紅白の幕が張られ、祭りを楽しみ祝う一日。

長~い

長~い

 

つぶろさし

つぶろさし

 

033

小獅子

まめ と 鬼

まめ と 鬼

 

それぞれの役割の、詳しい謂われについては知らないのですが

羽茂だけの独特な芸能が伝えられ、残されていることに地域の方の意志を感じます。

 

佐渡のあちこちに、祭りの鬼太鼓、獅子舞いがありますが

羽茂の祭りは、ここだけの伝統芸能ばかりで

盛り上がる熱気とかけ声に、想いが込められていました。

 

男達が唄い、踊り

女達は、祝いのご馳走を作り、祭りを裏方で支えています。

祭りの盛んな地域は、住人同士の結束が固いようで元気 \(^o^)/

 

珍しい芸能ゆえに、最近ではカメラマンが多く集まり

フェースブックやブログに、直ぐにUPされることも多くなりました。

祭りは神聖な行事であり‥見学には少しの配慮も大切かなと思う場面もありました (>_<) 

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!