竹の子と身欠きにしんと昆布の煮物

佐渡の豊富な竹の子のシーズンも、いよいよ終盤。

地場野菜を集めて、人気のあるホームセンターの入口の売り場に“真竹”が並んでいました。

 

真竹が出てくると、お母さん達は「今年も竹の子を、ぎょうさん食べた。もうこれが最後だね」

そう言いながらも、また、真竹を買っていきます。

 

昔から、竹の子と身欠きニシンと昆布で煮物を作ってきました。

竹の子 身欠きにしん 昆布

竹の子 身欠きにしん 昆布

身欠きニシンは、臭みを抜く為に米糠で煮て、よく水洗いし、油分を落としておきます。

昆布は、煮物用の巻いたもの。

竹の子も軽く米糠であく抜きして、準備しておきます。

 

後は、ゆっくり煮て、

地酒と少量の砂糖を加え、醤油で味付けするだけ(^^)/

 

先輩のお母さんに、「佐渡では、何と呼ばれている料理ですか」

と、お聞きすると

「名前の有るほどのものでは‥ないねぇ~」と、あっさりしたご返事。

 

昆布が、少しクタクタになる位まで煮込むと、

竹の子に、身欠きにしんと昆布の旨味がたっぷり染み込みます。

 

佐渡の家庭の味、素朴な竹の子の煮物。

竹の子の煮物 

竹の子の煮物

 

畑では、夏野菜が次々と実り始めていて、

「お宅にはまだ無いようだから、よかったら、ど~ぞ」

夏野菜

夏野菜

 

やわらかく、歯切れよく、つやつやの夏野菜たちで、

サラダも天ぷらも煮物も、美味しい仕上がりに。

 

野菜作りのプロの畑から、我が家は、ありがたく頂きもの生活です。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!