秋の風景 スケッチ

風が吹き抜けると、11月だもの‥

「寒くなっても仕方ないよね」と、いつもは思う頃ですが、

今年は、まだ寒~いと感じる程には気温が下がってきていません。

 

なので、

佐渡名産おけさ柿の色づきも、例年より少し遅れ気味なのだそうです。

 

西日を受けて 柿の色

西日を受けて 柿の色

おけさ柿は、ふっくら丸みをおびて

 

柿畑

柿畑

例年ならば、この柿畑の収穫をする頃ですが

まだのようです。

 

山里からの風景

海を見下ろす風景

絶景というのではないけれど、

真野湾の青い海と、紅葉を始めた山の色、雲の広がり。

稲刈りが終わった里の風景は、静かで和やか。

 

晩秋の晴れた日は、

佐渡らしいやさしさと、おだやかさに満ちて好きな季節。

 

蕎麦を干して

蕎麦を干して

稲の刈り取りの終わった田んぼでは、

次には、蕎麦がハザ掛けされていました。

 

ネギの土寄せと藁のお布団  小豆の乾燥

ネギに土寄せし藁のお布団  小豆を干して

明るい陽ざしの中で、冬支度が着々とすすめられています。

 

朱鷺のご一行様 遠足に

朱鷺のご一行様 遠足に

大がかりな道路工事のために、ぐる~と迂回する措置がとられ、

いつもならば通らないコースで、朱鷺に出合いました。

のんびりと、遠足気分かな(^-^)

 

昔から変わらない、里山の暮らしぶりに

ほっこりした、晩秋の風景スケッチ( ^^)

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!