石臼で打ち豆作り

なつかしい味をもう一度作ってみようと、石臼を借りてきました。

冬の間に、保存食として作られていたのが打ち豆。

ヒジキ・人参・こんにゃく・ごぼう・れんこん等と一緒に煮たものが常備菜として食卓に。

石臼で大豆をトントン

熱湯にしばらく漬け、柔らかくした大豆を 木槌でトントン

石臼 木槌

石臼 木槌

打ち豆

打ち豆

よく干して 出来上がり

よく干して 出来上がり

手軽な煮物や、炒め物に入れると、いい旨みを出す打ち豆は使われてきたようです。

最近では、石臼の出番はすっかり少なくなりました・・・。一年に一度の出番です。

昔の人の知恵には驚かされることが。石臼の凸凹は豆を飛び跳ねさせずに、豆をしっかりとらえる役割を果たしているようです。

そして、打ってつぶした豆を、石臼の穴から回収する・・・潰れた豆は取り外しにくいものですが、いやあ、頭が下がります。

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!