百姓庭園;こけら落とし

9月29日、真野新町に、「百姓庭園 十志古庵」 が開園しました。

みなさん ど~ぞみなさん ど~ぞ

“ 百姓庭園 ” と名付けられた 庭に佇む庵、十志古庵には能舞台を思わせる舞台がしつらえられています。 今日はその?落とし。

ご主人の大鼓、奥さまの笛に仕舞いが加わり、お祝いの宴が厳かに静かに始まりました。

笛 大鼓 仕舞でお祝

笛 大鼓 仕舞いでお祝い ?落とし?

百姓‥いい言葉なのにあまり使われなくなっていますが‥どうしてだろうねぇ‥。

この庭園を造られたご夫婦は、この言葉を選んで、自分の庭園に名づけました。

地元の方が休憩所として、いつでも寄れるようにとオープンにされます。

熱心に 観賞

熱心に 観賞

能が演じられると、おしゃべりがいつの間にか止み、みなさんが舞台に注目。

この舞台は音が自然に響き、演奏者にとってすごく楽しい空間だそうです。

祝いの謠

普段着なれど 祝いの謠が すばらしい

ライブ いい味だしてます

いい味だしてます

軽妙な民芸 ちょぼくり

軽妙な民芸 ちょぼくり

芸達者が次々と舞台に立ち、百姓庭園の開園を盛り上げました。 ライブは楽しい !!

この舞台で、これからもライブが計画されていくように‥期待しています (^。^)y-.。o○

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!