本日稲刈り;山の実あれこれ

秋晴れの一日は農家にとってとても大切。

稲刈りの準備をして、一斉に田んぼに出ます。

‥が、すぐに仕事を始めることができない‥

コンバインに稲の葉が絡むので、朝露が乾くまで待つ。待つ。待つ。

気持ちは急ぐのですが、今日は10時まで待って、稲刈りをスタートしました。

一緒に稲刈り 

一緒に稲刈り 

順調です

順調です

スタイル色々

スタイル色々

稲刈り見学と散歩

稲刈り見学と散歩

かわいい子供たちがワイワイ。先生に了解を得て、うしろ姿をカメラに。

てんでの手には神社で拾った栃の実を持って、楽しい散歩日和。

「欲しいだけ自由に持っていっていいよ」と声をかけて下さった、おじいさんの家に伺い貰ってきた栃の実。貴重品です。

ころころ 栃の実

ころころ 栃の実

くるみ

くるみ

実山椒 辛さピリリ

実山椒 辛さピリリ

かやの実

かやの実

かやの実は、実が落ちて直ぐに拾い集めないと、ムジナに先を越されて食べられてしまいます。

榧は南佐渡に見かける木ですが、今は少なくなってきているそうです。

この木材で碁盤を作ると、堅いのに碁を長く打っても疲れないとか。これも貴重な木。

今年は、かろうじて私の方が早かったようで、たくさん拾いました。

まだたくさん残っているから、ムジナ君達も味見してね。

佐渡みかん への2件のコメント

  • かねみつ  2011年9月29日 at 8:05 AM  

    お米作りもしているの?
    田舎生活を満喫しているのですね(^_^)
    改めて行動力に脱帽です。

    • 柿餅本舗  2011年9月30日 at 7:55 AM  

      実家の手伝いで稲刈りしました。
      隣の田んぼも、みなさん知り合いの方達で楽しく仕事ができました。
      天気のよいうちにと、頑張りました。
      あと少しですので、ホッとしたところです。

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!