春遠からじ

穏かな、一日でした。

正月を忙しく過ごした主婦がゆっくり休めるよう‥今日は女正月とも言うそうです。

実際にはどのくらいの家庭で、この風習が残され実践されているでしょうか。

 

子どもの頃に父が、母より早く起き出し、湯を沸かしたり、神棚の水を替えたり、玄関を開け掃いたりしていたのを見たことがあるような気が‥。

母の毎日、毎朝の仕事を、女正月の朝だけ、家主の男が代わってする日だそうです。

 

小正月でもあります。

本来ならこの日に、どんど焼きを行っていたのですが、

子ども達や勤め人の都合に合わせて、土曜日、日曜日に変わってきたのは最近の事。

時代の生き方に合わせて、すたれる行事あり、行事も移動して残る。

地域のお祭り、どんど焼き、成人式など‥も、実施日が移行されてきています。

 

新しい年のご挨拶にと、

仕事でお世話になっている方々をお訪ねし羽茂へ。

いつも私達の「 柿餅 」作りを応援して下さっている、先輩がたや親戚です。

 

粗皮削り

粗皮削り

おけさ柿の剪定と、粗皮削り(そひけずり)は冬の仕事。

数年ごとに柿の木の凸凹の皮を削り、主に病害虫を防ぐための大切な作業です。

今年の柿作りは、もう始まっています。

 

蝋梅

蝋梅

ろうたけた気品ある香りを放って、春を待っています。

 

紅梅

紅梅

ほかの花に先だって、紅梅が咲いていました。

もうすぐ大寒を迎えるこの日だからこそ、春を待つ景色に出合い気持ちほっこり (^_^)v

 

そうか、冬来りなば春遠からじ・・ホンの少し前を向いて。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!