「さどごはん」の 新年会

 令和の正月を祝って1月3日に、新年会 (^-^)

新年をお祝いましょうと、集まりました\(^^)/

 

今回の趣向は、鮎の出汁のお吸い物とお餅で、乾杯。

鮎だし 餅

鮎だし と黄金 餅

 

焼鮎の尾頭つきの予定だったのですが‥ちょっと千切れてしまいました(>_<)

網で焼いた黄金餅はふくよかな甘さで、なめらかに伸びて美味しいこと (^-^)

柚子の香りとベストな組み合わせ (チョット柚子が多すぎたかな‥)

 

アラメ 昆布巻き

 小ぶりの アラメ巻き

佐渡の北部、高千地区では、お祝いやお祭りには、

このアラメ巻きが欠かせないご馳走として、作られてきたのだとか。

 

現在では、芯にサバの缶詰めを代用することが多くなっていますが、

小ぶりの塩漬けサンマを使うと、さらに美味しいそうです(^^)v

小ぶりの塩サンマは、目にすることがなくなりましたし、

アラメも、なかなか取れない貴重品となっているそうです。

 

同じ佐渡であっても、南部の実家ではアラメ巻きはありませんでしたので、

コクのある新鮮な味わいのアラメ巻きは、私には初めてのご馳走でした。

 

さどごはん

さどごはん

四季折々に、楽しまれてきた佐渡の味

 

地域ごと、行事ごと、祭りごとに食卓に並べられてきた料理ですが、

最近では行事が簡素化されてしまい、

郷土料理を語り継ぐ場が減っているのが現状です。

 

そこで、

若いお母さんや子どもたちに、郷土の伝統料理を伝えたいと、

佐渡市が健康推進員のみなさんと、6年がかりで200種余りのレシピを集めた、

郷土愛が詰まった冊子 「さどごはん」が、作成されました。

 

今回は、その中から

幾つかの素朴な、昔からの家庭料理を。

 

切干し大根

切干し大根 醤油漬け

昔ながらの切干し大根は、

ポリポリと楽しい歯ごたえと豊かな甘さ。

 

竹のコップで いざ乾杯

紅白なます たくわん漬け 長芋

切り干し大根も、紅白なますも、たくわん漬けもみんな大根ですが、

持ち味は、いろいろ。

 

ぜんまい の 一本煮

ぜんまい の 一本煮

ゼンマイは切らないで一本ごと煮ると、美味しい。

恰好を言わない、味本位の煮物(^-^)

ぜんまい

ぜんまい

まる二日をかけてゆっくり、ふっくら戻しアク抜きしました。

 

佐渡牛や新鮮な刺身のご馳走もいいけれど、

佐渡の食卓には、海の海草、山の山菜、畑の野菜が豊富で身近に(^-^)

この日は、太巻き寿司も用意していたのですが、

写真に撮るのを忘れてしまいました‥(>_<)

手作りの家庭料理こそが、「さどごはん」と、実感の日。

 

さらに、食べて、おしゃべり(^^)/

 

大きな火鉢であぶった、竹筒に地元の酒蔵の新酒で乾杯~!!

心もちよ~く、酔いも回って

みなさん、チョットごきげんなご様子(^^)v

 

これからは、お楽しみの時間

お楽しみの時間 第二部

小木おけさの軽快なリズムと、三味線の陽気な音色。

興が乗ってきました(^^♪

相川音頭 両津甚句 佐渡おけさ 山田のハンヤ節

なんとまあ、佐渡の芸能が次々と。

 

興が乗ってきました(^-^)

さてさて 手拍子も加わってきました(^-^)

 

今年の誓い

本年の誓い

気合を入れて‥よしやるぞ !!

今年の目標=やるっ気満々です。

副豆 竹のコップで乾杯

お多福豆 たたきゴボウ 蓮根 白菜の漬物

竹のコップで、また乾杯。

かんぱ~い!(^^)!

 

みんなが集まって、今年初めての顔合わせ。

令和2年が、より良い年になりますように。

 

体力の現状維持ができれば上出来で、何でもあるあるの我々世代。

無事に、健やかに過ごせますように( ^^) と、願いました。

チョット年寄り達の集まり故に、ソコのところがとても大切な要なのです。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!