島に春の訪れを告げる むら芝居 

今朝も、気持ちよく晴れました。

 

お隣さんとの挨拶は、

「 畑の仕事が始まりますね~」 「 また、忙しゅうなるなぁ~」

お日さまが、辺り一面の大地を暖っためてくれています。

 

北国に住んでいるからこそですが、春への期待や喜びが、

ブログの書き出しに、ついつい繰り返えされていることに気づきました。

 

小さなお雛さま

小さなお雛さま

雪割早・ねこやなぎ・福寿草が咲き始めました。

 

椿の膨らみはじめた赤い蕾を一輪、花瓶に挿してみたり、

水仙やロウ梅や沈丁花の香りに、早春を感じたりしています。

蕗のとう・海藻のもずくなどの食材からも(^-^)

 

現役の頃には、子どもの学校のスケジュールや、職場の転勤や移動が季節の変わり目でしたが。

 

千葉にいた頃には当たり前だった、冬晴れの毎日。

今は、佐渡の青空を見上げての感じ方が、すっかり変わっています。

 

 

 島に春の訪れを告げる むら芝居   ( 3 月 3 日 )

 

佐渡に伝わる民話を基にした、創作民話劇。

今年の演目は 「 大野亀 かんぞう 」

民話の里 赤泊

民話の里 赤泊

回を重ねて、28 回目の公演

会場 入り口

会場 入り口

 

赤泊の鬼たち

赤泊の鬼たち

 

佐渡の北 “ 大野亀 ” には、今年も一面に黄色くかれんな “ カンゾウ ” が咲いています 。

‥カンゾウ祭りの場~

カンゾウ祭り 見学の若者達

カンゾウ祭り 見学の若者達の場

 

その昔

ヒロイン 

ヒロイン おんめ

おんめの家は貧しくて、荒地の石を動かし、小石を拾い、耕して畑を開墾するところから‥‥

 

毎日畑を作ろうとしているおんめに、若者が二人、耕すことを手伝い、一緒に働いてくれます。

 

若者 白蛇

若者 白蛇の化身

 

若者 青鬼の化身

若者 青鬼の化身

 

どんどん、畑は広がり、

いつしか、おんめの家は畑長者になっていきました。

 

おんめ は どちらが好きなんじゃ?

おんめ は どちらが好きなんじゃ?

 

おんめ の 母

おんめ の 母

思わず笑いを誘う演技で、やわらかく、温かく場を盛り上げます \(^o^)/

怪演 快演  フッフッフ~(*^_^*)

 

子どもたち

子どもたち

 

村の娘たち

村の娘たち

 

コーラスグループ リトルかたつむりが、ト書き風に唄います。

おんめ の 苦悩

おんめ の 苦悩

二人の若者はいい人 ‥ どちらかを選べと言われても ‥ おんめは悩みます。

 

祝言の日

祝言の日

 

俵積み唄

祝い唄 俵積み唄

 

山田 やまびこ会

山田 やまびこ会

 

壻選び  おんめを嫁にする為に、戦う二人

白蛇 青鬼

白い大蛇 青い鬼

本性を現した、若者

 

おんめ を 嫁にしたい 

おんめ を 嫁にしたい

戦う二人と 困り果てる娘

哀れ おんめは死んでしまった

哀れ おんめは死んでしまった

終末は、哀れなことに‥

 

オールキャスト 

オールキャスト  紹介

 

赤泊演劇研究会が公演を続けてきた、創作民話の演劇は、

子ども達からお年寄りまで、出演者・スタッフ総勢 100 余名。

 

ヒロインの「おんめ」を演じた、野口さんは、

子どもの頃、この民話劇に参加していたそうで、学生生活を終え U ターンしての参加。

誠実な人柄を感じさせる、丁寧な熱演(*^_^*)でした。

 

人を育てるには、息の長い取り組みが要ります。

鮭が生まれ育った故郷の川へ自然と戻るように、むら芝居へ(^-^)

 

山田やまびこ会は、太鼓と唄と踊りで賑やかに、祝いの場のワクワク感を演出。

 

稽古を重ねた子ども達は、赤泊の言葉で演技することを、

自信をもって、楽しんで演じているようにも見えました。

 

ホールに集まった観客の万雷の拍手を浴びて、めでたく民話劇の幕となりました。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!