小鳥のお宿

春が来た~。

春がきた~と喜んでみても…

翌日には、雪やみぞれに逆戻りしてしまうことが幾度も繰り返されてきましたが

今日からは春 \(^o^)/

桜の開花予想も出され、畑には何かがあちこちから芽吹いてきました。

 

とげとげ バラ

とげとげ バラ

 

ぼんぼりのような みつまた

ぼんぼりのような みつまた

蕗のとう 草わさび

蕗のとう 草わさび

玄関には、ふきのとうと葉わさび。

 

淡い緑色がきれいで、お皿の中でどんどん育ち清楚な白い花を咲かせます。

芽吹きを喜んで “ ねこやなぎ ” を活けたりしても楽しい季節。

 

我が家のゆずり葉の枝に、小鳥の巣を見つけました。

小鳥の巣

小鳥の巣

 

葉っぱの陰に、上手に巣が架けられています。

よく見ると、巣の材料には藁だけでなくビニールが。

なんと、蛇の脱け殻も編み込んでありました。

自分の巣を襲ってくることもある、天敵の蛇の脱け殻をちゃっかり巣に利用して

たくましいなぁ。

 

電線の途中に 巣

電線の途中に 巣

羽茂大崎の “ ちょぼくり ” の入り口に発見した、小鳥の巣。

 

ちょぼくり  あまどころ はやと瓜の酒粕漬け

ちょぼくり  あまどころ はやと瓜の酒粕漬け

 

去年も、ここに巣をかけたツバメがいたそうです。

宙ぶらりんの電線に巣をかけるとは、ナイスなアイデアだこと (^_^)/

 

しまふうみの林 巣箱 

しまふうみの林 巣箱 

しまふうみ の 敷地の椿

 

人が林に巣箱を架けて、小鳥が安全に子育てできる環境を手伝っています。

小鳥たちがここに気づいて、賑やかに出入りするようすが見られるといいな (^O^)

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!