実学セミナー:「佐渡の食品加工を考える」

佐渡の食品加工業者を対象に、農商工連携と地域活性の現状と課題などを、東京農大のオホーツク校での実践を事例に、セミナーが開催されました。

講師のお二人 

講師のお二人 

佐渡の農水産物を生かして、それを加工・食品製造し、販売・流通にのせ、付加価値=所得を創り出すまでの流れを作るにはどうしたらいいのか。

理論はよく解かるし、その為に日々の努力を重ねている、佐渡の実践者の方々ばかりでした。

素材が豊富で品質も高く、佐渡の伝統的な食品加工技術で、美味しくて安全な製品を作るところまでは出来ています。

‥が、販売のルート開発をどうしたらいいのか‥‥

地方には地方ならではの、魅力や特産物があります。

規模の小さな業者は、自分の製品をどのように知っていただくか。ここでいつも壁に当たってしまいます。 地元の製品にこだわったお店に置いていただいたり、“ 市 ” に出店し、試食をしていただいたり。認知されるようコツコツと努力を続けてきて、成果も少しずつ見えてはきましたが‥‥。

地元のおけさ柿・こがね餅米・塩を使って地産地消・六次産業化したものが “ 佐渡の柿餅 ”。

Uターンして来た “ ばかもの ” が取り組んで、 IT の力も借りながら、佐渡の良さを発信しようとしているのですが‥‥。

努力しているから‥そのうちになんとか成るかも‥などと、淡い希望を持つ自分を戒めながらも、この製品の良さに早く気づいて‥、と願っている自分もいます。

製品の開発は実に楽しいもの。 あ~したらいい? こ~したらどうなる?

製品を買っていただくことは、実に難しい。 自分も買う立場であれば、注文をつけていますし‥

デビューしたての “ 佐渡の柿餅本舗 ” が、大手の生産者にまぎれ込んで勉強会に参加出来るのも 、佐渡ならではのこと。

実績のある企業さんも苦労されているのですから、新参者が存在を知ってもらう迄の道は、まだまだ遠いのが現実。

丁寧に “ ものづくり ” をし、地元の消費者の応援を得て、コツコツ仕事を続けること‥‥

結局のところ、基本に戻るようです。

佐渡みかん への2件のコメント

  • yata  2012年4月19日 at 7:27 AM  

    農作業に追われてしまい
    なかなか勉強に足を運べない・・・
    見習わらなくては(^^)v

    • 柿餅本舗  2012年4月19日 at 7:57 AM  

      食品に関してズブの素人が始めた仕事なもので、知らないことばかりです。なので、あっちこっちひょこひょこと出かけることにしています。結構楽しんでいます。

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!