大雪 断水 立春寒波

大雪が日本海側にどっさり。

 

雪の山道

雪の山道

 

北陸地方は、昭和56年以来、37年ぶりとなる記録的な積雪量で、

親戚の住む福井は、国道の渋滞が1500台を超えてあらゆる物流がマヒ状態だそうです。

 

電話をかけ、あんばいを尋ねてみると、

「状況が変わるまで、家に籠もるしかないね‥。大丈夫だよ。ありがとう。」

 

やわらかに降り積もる静かな雪が、普段の生活を、いとも簡単に狂わせています。

豊かな実りをもたらす雨も雪も寡黙なれど、自然の本質は脅威を秘めたもの。

 

☆。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。☆

 

 

佐渡では23日頃から雪が降り始め、27日頃から低温が続いたために29日朝には水道管が凍結し、破裂したり、断水したり。

全戸の半数近くの一万戸が、水道の出ない生活を何日も強いられました。

空家が多く、水道管の破裂の状況を把握しきれていない実態がありました。

 

雪の量は、さほどではないのですが、凍りつきました。

 

屋根に

屋根に

 

お隣どうしが安否を確かめ合いながら、家から外への雪掻きをして道を確保したり、

「水道は出ていますか?」 「買い物は?」 「ゴミ出しをしましょうか?」

普段は、お互いの生活にあまり深く立ち入らないようにしていますが、

イザという、この時ばかりは声をかけ合っての数日。

ご近所の助け合い機能が、チャンと生きていることを確認もできました。

 

ホワイトアウト 大渋滞

ホワイトアウト 大渋滞

 

ホワイトアウトのため、バイパス道路がしばらく交通止めとなり、別のルートが大渋滞。

 

滅多にないことなので、記録的に綴ってみると・・・・・

水道の復旧工事が必要な件数が多すぎて、直ぐには風呂に入れない家庭が多く発生。

公共の入浴施設が被災者に開放されたのは、数日後でした。

数年に一度の大雪とはいえ、市民も危機感が不足していたこともありました。

夜間に水を出して休むという、初歩的な対応を忘れていました。

 

佐渡市が、自衛隊に給水車の応援を要請したのは数日後。

水道の復旧までには、羽茂は6日間を要しました。

 

一人暮らしのお年寄りや、指定の場所まで指定の時間帯に給水に行けない人も多く、

寝たきりのお年寄りの介護や、赤ちゃんには水が不可欠で、困った事態となったことは察して余りあります。

 

情報の伝え方も、佐渡市のホムページを見よ‥ 水道課に問い合わせよ‥ 佐渡テレビで文字放送しているので確認して下さい‥とか、防災放送はありましたが‥

市民にキメ細かく具体的に、充分に伝わったでしょうか‥?

 

給水用のタンクは、ホームセンターで品切れとなり混乱が起きました。

 

自然災害ゆえに、仕方なかったことではありますが、

学校は、給食の皿が洗えない、調理ができないので、休校。給食無しの対応。

牛乳とパンのみの日がありました。

 

インフルエンザの流行と重なり、手洗いの水も貴重となりました。

 

水道が使えない状態ですから、火の用心を更に気をつけましょうと、消防車が呼びかけて廻りました。

お年寄りのデイサービスは、入浴を目的とする方が多く、これも中止となりました。

 

日常の生活を保つことの基本は、何よりもお水と暖房用・車のガソリン、人のつながりの大切さ。

今回は停電とならなかったので、照明と暖房がついたことがせめての救いでした。

 

しかし、田舎暮らしの良さを感じたことも。

食糧や野菜の保存がある安心感もあって、市民があわてずに柔軟に対処したこと(^O^)

 

全国ニュースで佐渡の断水状況が放送されたため、ボトルの水を幾箱を送ってくれた知人がいて、直ぐに行動を起こしてくれたことに感謝している、とは、友人の談。

 

電話で安否を問い合わせてくれたり、外からの応援もいっぱいいただき、ありがたかった(^O^)

離島の佐渡は、欠航が続き仕事の予定にもかなり支障が出ましたが、どんな状態であろうとも、数日間生きて行くための備えをしなければ、と感じたしだいです。

自分で出来ることは、自分で対処し、静かに沈静化するのを待ちました。

 

SOSを出せない方に、もう少し早く気付いて手助けをできたらよかった‥反省点です。

 

余談として、

予約してあった歯科から、“ 断水のため、臨時休診します” と、フェイスブックから知らせが入ったこと。

今、ならではの伝達方法でした\(^o^)/

 

全国的にはもっともっと雪が深くて、除雪にご苦労されている地域があります。

やれやれ、雪は白い魔物 ですね。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!