味噌の仕込み

恒例の冬仕事、味噌の仕込み。

今年は味噌作りを体験をしたいという若者達と、作業をしました。

 

圧力鍋とフードプロセッサーを使い保存するという、

私たちの簡単な仕込み方法でよかったら‥と、お誘いしました。

 

味噌の仕込み

味噌の仕込み中

 

一晩 水に浸した大豆

一晩 水に浸した大豆

 

圧力釜で煮て

圧力釜で煮て

 

フードプロセッサーに

フードプロセッサーにかける

 

おけさ塩 塚本さんの糀

おけさ塩 塚本さんの糀

 

掻き混ぜて

掻き混ぜて

 

味噌の団子

味噌の団子

 

器に投げ込み 完了

器に投げ込む

 

完成 

完成

 

大豆は無農薬で作っている、笈川さんから分けていただいたもの。

地元で作られた、大豆と糀と塩で自分で仕込む。

 

“ 毎日の食卓に、佐渡の自前味噌を‥”

意気込みがうれしい若者が訪ねて来てくれて、

美味しく育てと願いつつ、一緒に仕込みました。

 

食を大切にしようと考えている方たちなので、

我が家にある調味料も、あれこれ試食してもらいました。

昨年仕込んだ我が家の味噌 取り寄せている醤油や米酢、

餅米入りの塩糀 ナンバンジャー(辛南蛮のおかずの意) 柚子入りのポン酢 など。

 

味噌や醤油は家庭の味を決めるものですので、ゆっくり時間を待つ一年後が楽しみです。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!