味噌の仕込み

毎年冬に、味噌を仕込むことを楽しみにしています。

味噌の素材は、米糀・大豆・塩のみ。すべてが佐渡の原材料。

糀 大豆

米糀 大豆

一晩 水に浸して

一晩 水に浸して

糀に佐渡の塩を混ぜ合わせて 

糀に佐渡の塩を混ぜ合わせ準備

煮た豆をフードプロセッサーで潰して

圧力鍋で煮て フードプロセッサーで潰す

力仕事は 夫の出番

混ぜ合わせるのは 力仕事

手の平サイズの団子に丸めて

手の平サイズの団子に丸めます

投げ入れます

投げ入れます

味噌団子の中の空気を抜くために、力いっぱい桶に投げ入れます。

出来ました~ 保存します

出来ました~

 

作り始めれば、二時間ほどで一区切り。

実家でも昔から作っていましたが、大きな鍋で豆を煮て、ミンチの器械で潰す方式。

今は友達に作り方を教えてもらった、簡単な道具を使った方式で、この分量で、我が家の味噌を作り続けています。

米糀 … 800 g × 3 袋?   大豆 … 2500 g?   佐渡の塩 … 1200 g

十月頃には、塩、糀、大豆が馴染んで美味しい味噌に仕上がるはず。

佐渡のおだやかな気候は、味噌が熟成するのに、とてもあっているように思えます。

さあて、ゆっくり、楽しみに待ちます。 (^。^)y-.。oO ヤレヤレ ?ほッ(^u^)

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!