初詣

令和2年の元日は、静かな雨降りで始まりました。

 

二日は、陽ざしに恵まれ風もない穏やかな日でしたので、

近くの氏神さま、八幡宮にお詣りしてきました。

同じくお詣りに来られたご近所の方とも、新年のご挨拶。

 

その後に、椎崎の宇賀神さまへ初詣にも行ってきました。

宇賀神社

宇賀神社

参道の入口に置いてある杖をお借りして、600段はあるという石段を、

慎重に、慎重に、

急な長~い石段を登って、上ってやっと到着。

おみくじ

おみくじ

見上げているのは、あれにもこれにも効き目あるらしい‥お御籤の ご利益リスト。

白ヘビを祀り、商売繁盛のご利益ありとする神社として知られています。

 

息はつまり、心臓はバクバク。

足も腰も、ガクガク(>_<)

ご褒美として、両津湾を出港する船や、正月の穏やかな海の風景を眺め一息。

 

下りの石段は更に慎重に、一歩一歩。

山の上におわす神さまに近づくには、息が切れます。

おまけに、明日はたぶん‥ 足が痛むのでしょうね(>_<)

 

三日は、羽茂へ。

羽茂の一宮 渡津神社

羽茂 一ノ宮 渡津神社

「おめでとうございます」

参拝の方々と挨拶を交わしながら、石段を登ります。

三日目のお詣りともなると、境内はもう静かです。

 

渡津神社

渡津神社

初詣客を迎えるために清められた境内は、厳かな静寂を取り戻していました。

 

新年を迎えるたびに願うことは、

よき友との時間を大切に暮らしたい、よき家庭人でもありたい。

よき仕事も続けたい‥よき社会人でもありたい。

 

心を新たに誓いを立ててきました。

三っつの神様に誓ったのですから・・・

 

やっぱり、謙虚に守る努力を忘れてはならないですね。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!