佐渡文化学習 バスツアー (午後の部)

カリスマガイドと巡る、バスツアー。

午後の部

佐渡文化学習は、昼食休憩へ。

 

ときわ館にて  

お昼の食事を、皆さん揃っていただきま~す(^-^)

ときわ館 お弁当

ときわ館 の お弁当

 

一品ごとに味付けを工夫したお料理と、こんなにも品数が豊富なお弁当に、

フタを開けたとたんに、みなさんが笑顔に(^。^)

 

炊き込みご飯 お煮つけ 塩糀の漬け物 酢のもの 揚げ物たっぷり デザート み~んな手作り。

今が旬の佐渡産ワカメ入りの、熱々のお味噌汁も添えられて美味しいこと。

とても心のこもったメニューを、楽しくいただきました。

 

お弁当の写真は

私がうっかり記録する事を忘れてしまったので、ときわ館の若女将に写真をいただいたものです。

 

我が柿餅本舗の搗きたて柿餅も、昼食の一品に加えていただきました。

 

国指定の 重要無形民俗文化財  佐渡文弥人形 

常盤座公演「 檀 風 」 

常盤座 開演

常盤座 開演

平成元年に、女性だけの文弥人形芝居の座を旗揚げした <常盤座>

二階に専用の舞台を持ち、佐渡の文弥人形を伝える拠点となっています。

 

今日の、常盤座公演の演目は

妙宣寺と大膳神社にとてもゆかりのある

「 檀 風 」 

 

舞台を打ちつける柝の音から。

期待とわくわく感で、幕が開きます。

人形と一体となって、激しい立ち回り

文弥人形は、人形を一人で遣います。

 

激しい 戦い

激しい 戦い

ダンダン、という足音も効果音のように聞こえます

 

沖に漕ぎだした船を、数珠を擦り合せ念仏を唱え呼び戻す

 

無事に岸を離れ、逃れることができた!!

 

常盤座 メンバー

常盤座 メンバー紹介

熱演の成功を物語る、座員のみなさんの笑顔です

 

太夫 と 座長

座長 と 太夫

たたみ掛けるような語りで、話の情景がうかぶ太夫の三味線の弾き語り。

本多宗青太夫 と 和田登志江座長。

 

芝居は生きていることを、実感(^-^)

演技の途中でも拍手が湧きあがるほど、観客を魅了した公演でした。

 

善光寺へ

善光寺

善光寺 山門

 

バク だそうです

象ではなく  バク だそうです

 

本堂

本堂

本堂には、長野の善光寺と同じように、戒壇めぐりができるようになっていて、

七回お参りすると、長野の善光寺へ参拝したのと同じ御利益が得られるそうです。

 

鐘突き堂

鐘突き堂

「 鐘突き堂をよく見るといいですよ 」

見上げれば、立派な龍の彫刻。

 

恥ずかしながら、こんな立派なお寺があることも知りませんでした。

戒壇めぐりの入り口付近は、さながら長野の善光寺とそっくりのたたずまい。

 

最後の訪問先は、お猿さんの神社で有名な日吉神社へ。

あちらにも、こちらにも、裃を付けた猿や、見猿、聞か猿、言わ猿達が・・・・。

 

見猿、聞か猿、言わ猿

見猿、聞か猿、言わ猿

日吉神社、山伏の印

日吉神社 山伏の神社の印が鳥居に

 

達人と言うのは、すごいな。

プロの仕事ぶりの見事さと、驚きに満ち満ちた一日を過ごすことが出来ました。

 

今日を振り返ってみると、

神社の用語・作法・たくさんの地名・植物・神社の名前・歴史に登場する人物など

なんと情報量が多かったことか。

 

佐渡を知るは楽し、ふるさとの歴史を知るは楽し。

文化を伝える素晴らしい人達に逢うは、なお楽し。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!