佐渡おとなの遠足 飯出山旧道~山頂へ

ニュースによれば、昨日は西日本でも関東エリアでもゲリラ的な雨が降ったそうです。

 

佐渡おとなの遠足の 6 月 21 日 は、明るい曇り空に恵まれ、

地図に無い道、飯出山旧道~山頂 ( 標高 540 m ) を訪ねました。

 

出又橋近くの公園、 七福神が並んだ広場に集合。

準備体操

準備体操

登山に備えて、準備体操・足首や体幹ほぐし。

 

七福神

七福神

ここの広場から、遠足が始まりました。

 

登山道 入り口

登山道 入り口

ここから、想像していた以上の登山になりました。

 

スタート

スタート 一丁仏

スタートして間もなくのところに、石仏があります。

 

登山道の脇には、石仏が一丁 ( およそ109 m ) 進む毎に並び、

山道の案内と安全を見守ってくれています。

写真の左に赤いリボンが見えますが、木の枝に結ばれ登山ルートを示してくれていました。

 

小休憩

小休憩

水分を取りながら、小休憩をはさみながら、ゆっくりと登りはじめました。

うっそうと茂る雑木林、尾根伝いに、けもの道のような、ほぼ道なき道を上って行きます。

急な坂道が続きますが、木の下なのでさわやか。

 

山頂にて

山頂にて

登りがキツかったため、途中の写真を撮る余裕もなく‥

 

うっかりすべり落ちたりして、同行のみなさんにご迷惑をかけることのないようにと、

同じ思いのお仲間と、慎重に一歩ずつ進みました。

 

登っても登っても、まだまだ山の中でした~(^v^)

 

山頂の仏たち

山頂の仏さま

小さな仏さま達が、年月を重ねて、苔むして丸くなった姿で並んでいます。

 

赤泊線の 「 梨の木地蔵 」 と同じように、子供や家族の病の平癒を願って、

信仰の飯出山に供えられたものだそうです。

 

遠足のコース図

遠足のコース図

 

山頂には観音堂と、休憩所とトイレが設備されていて、

ここで、お昼のおむすびタイム(^-^)

 

山頂 到着

山頂 到着

観音堂

案内板

案内板

説明によると、飯出山は 「 女人金北山 」 と呼ばれ、

女人禁制であった金北山に対しての、女性たちの信仰の山であったそうです。

 

そして、恒例の

山頂の風に吹かれながら、みなさんが笑顔で記念写真を一枚。

 

さて、同じ道を帰ります↓

途中の仏さま達

一丁仏

一丁仏

 

仏さま

仏さま 1

 

仏さま

仏さま  2

 

仏さま

仏さま  3

 

道しるべ

道しるべ

 

上りには余裕がなかった為、目に入らなかった小倉の棚田が、はるかな遠く下に見えました。

棚田

小倉の棚田

 

途中に出合った花たち

小米つつじ

小米 ( こごめ ) つつじ

 

かわいい ?

かわいい ?

 

へびいちご

へびいちご

下りには、足元の花や風景を楽しむことができました (^O^)

薬草と知られる黄連 ( おうれん) や、山菜も豊富に見られました。

 

無事 下山

無事 下山

心地よい汗をかき、無事に下山して、ホッと安心。

 

出発前、昼食後、山を下りてからも、安全に歩き通せるよう柔軟ストレッチを行いました。

このストレッチが、よく効いて体の痛みがやわらいで、本当に助かりました(^-^)

 

小倉の水場

小倉の水くみ場 ユキノシタの白い花

帰りの途中には、名水と云われる小倉の湧水場に寄って、喉をうるおし手を洗ってさっぱり。

私たちは、この名水を空になったボトルに詰めてお土産に。

 

飯出山への上りに 2 時間 30 分。下りに 1 時間 30 分 の行程。

その険しさを知ってか参加者は、 25 名 と今回は少なめ。

 

歩数計では、 11,000 歩でしたが、その一歩は何倍もの価値ある一歩に感じました。

お互いを思いやりながら、立ったままの小休憩を取りながらの登山。

無事に戻れて、やっと達成感を味わいました。

 

案内のために先頭に立ち、中ほどでは全体を見渡して、しんがりを務めてくれた男性方のやさしさ。

甘えることなく、明るい話題を見つけながらキチンと歩き通した女性達。

 

「 おとなの遠足 」 ならではの、チームワークを楽しみながらの、

個人では、とても行くことは出来ないコースでした。

 

山登り初心者に守るべき注意点として、装備の大切さを言われますが、

靴の役割、手袋の必要さ、飲み水の準備など、どれも大切な事と改めて感じました。

 

ストレッチが効いているとは言え、ふくらはぎも腿にもまだ鈍い痛みが残っています。

ですが、快い疲れです。

ありがとうございました (^u^)

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!