(令和元年度) 年度末

年度末の銀行に寄ってきました。

とても、混んでいました。

 

支払いも入金の確認も、月末と期末にはきっちりと期日を守らねばならないのが‥世のルール。

不要不急とはいかない、外出であります。

新潟日報 朝刊

新潟日報 朝刊

都市封鎖や都市間の交通を遮断された場合は、どうなるのでしょう。

銀行の交換決済などの業務はどうなるのか‥チョット心配しています。

 

新型コロナウイルスの感染は、日に日に広がり、

自分を守り、家族を守り、社会の一員として生活を安全に守ることに

神経を使いながら、行動するようになってきました。

(今日は誰と会ったか。何処に出かけたかを、メモするようになりました)

 

学校は、休校期間が延長されました。

職場の移動挨拶、進学・就職・卒業式などの式も、

中止・縮小・簡略になってしまいました。

大切な人生の区切りの時、子供も親もきちんとお祝いしたい日ですが‥。

 

知り合いには、保育園に通う元気な子供がいます。

両親が仕事で留守の間、爺さん、婆さんで孫を家で見守る事態となって

ほぼ一か月が経ちます。

とは言え、時間を短めにして卒園式は行われたそうです。

 

日本中、世界中でコロナウィルスの感染が広がっていますが

一般人ができることは、外出を控え、家で過ごすこと。

 

心配は、医療に関わる方たちの健康のこと。

人数に限りがあるのが佐渡の実情ですので、

病院が医療崩壊を起こさないよう‥願うばかりです。

 

都会と、佐渡のように空間がいっぱいの田舎とでは

比較にならないでしょうが、緊張感は同じと思って暮らしています。

 

喜劇王の志村けんさんも亡くなってしまいました。

肺の奥にまで入り込む新型ウイルスの怖さを、改めて感じています。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!