二百十日 真言

毎日、お暑うございます。

“言うまいと思えど、今日の暑さかな”

色づき始めた稲

色づき始めた 稲田

空高く 雲白く

空高く 雲白く

「田んぼを超えて吹く風は、サラッとして爽やかだね。佐渡はいいな~」

こんなに暑い日なのに、家人は申します。

たしかに、都会のまとわりつくような、逃れられない暑さとは質が全く違っているのですが‥。

そんな佐渡でも、終日エアコンをつけて過ごす日が一週間ほど続いています。

 

☆。。。。。☆。。。。。☆

気配は、秋になりました。

 

農業の上では稲が色づき、台風が発生する季節を迎えます。

雨や風に襲われることを心配をする頃。

 

今日は、二百十日。

実家のある集落では、災害を避けることを願っての真言を唱える日だそうで、

地区の長老(おばあさん👵)方が、お堂に集まります。

昔からの因習に囚われて、まだ真言なんぞで、厄や災害から逃れられるはずなどないではないか‥思われるでしょうね。

 

そうですね。できるはずないです(>_<)

‥ですが、オカアサン達は「真言の集まり」と称して、大っぴらな公休日。

“骨休め”を楽しみます。

真言をお唱えした後は、自由時間。

てんでに、お菓子や煮物、お漬物などを持ち寄って、おしゃべりの会に変わります。

「明日は、真言だから、蒸し団子を作ろうかな」なんて、言っていた母を思い出します。

ムラの情報、料理のコツ、生活の質を保つ為の野菜の育て方、

チョッとした悩みや、家庭での喜びなどを共有したそうです。

お酒の入らない、昼中の女たちの集まり(^-^)

 

今日は、どんな話で盛り上がったでしょうね。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!