ブリ大根

年末が近くなっているのに、まだ、佐渡の寒ブリ漁の季節を呼ぶ

《雪おろしの雷》が鳴りません。

 

魚屋さんに寄る度に、まだかな~と心待ちにしている鰤。

「皆さん、ブリ大根を作りたいと店に来て下さるけども、まだ雷が鳴らんでねぇ」

寒ぶり あります

寒ブリあります  看板

 

ようやく見つけました。《寒ブリ》(*^^)v

店先のピンクの箱には、およそ 9㎏ 程の鰤が数本。

( 10㎏を超える大物は、東京の市場に送られるのだとか )

 

スーパーには、鰤の切り身を置いてあるのですが、

地元の魚で作りたいと思い、佐渡産が店に並ぶのを待っていました。

ブリのアラ

ブリのアラ

まず軽く下茹でし、鰤の臭みを抜いてから

大根 

大根

大根と一緒に煮始めました。

鰤のアラ煮

鰤のアラ煮

たっぷりの地酒を加え、

何と、たった200円分のアラで、美味しいブリ大根完成(^O^)

 

後日、照り焼きと、刺身で、季節の味《鰤シリーズ》いただきました。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!