トライアスロンの日は 鮎の石焼き会

9月の第一日曜日は、佐渡国際トライアスロン大会の日。 (9/2)

今年は、30回目を記念する大会だそうです。

 

佐渡の多く方が、道路の交差点に立ち、選手の誘導、給水ポイントで、応援などボランティア活動中。

一般の人達はノーカーデイを心がけ、協力しています。

 

☆。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。☆

 

この日を、鮎の石焼きを楽しむ日としている皆さんが、今年も集まりました。

朝9時、お地蔵さまの前の広場を会場として、準備を開始。

 

先ず、石を焼くことから。しっかり3時間。

広場で 石を焼く

広場で 石を焼く

 

その間に、てんでに手分けして準備。

鮎を串に刺して

鮎を串に刺して

 

炭で 鮎の串焼き

炭で 鮎の串焼き

大きめのムール貝も焼くと、なかなかの旨み有り。

 

火の当番

火の当番

 

公民館の中では、鮎の天ぷらを開始

鮎の天ぷら

鮎の天ぷら

 

ウドの花を天ぷらに。

わずかな苦みがあって、酒の肴に(^_^)  かわいい飾りのアクセント

ウドの花 天ぷら

ウドの花 天ぷら

 

鮎の会に差し入れされた 地酒

差し入れされた 地酒

鮎の会、オリジナルのデザイン

 

火の番 地酒の燗を竹で

火の番 竹で地酒をお燗

 

先ず 一杯 味見をしながら

先ず一杯 燗の具合はいかが?

 

冷たいビール 

冷たいビール 竹のカップで

美味しく飲むための準備は万端、整いました  (^_^)v

 

鮎の天ぷら きゅうりの塩もみ

鮎の天ぷら きゅうりの塩もみ

 

焼いた石の上に、茄子の土手と味噌 うるか(鮎の内臓) 鮎

石焼き 始まり

石焼き鮎 始まり

 

鮎のうるか

鮎のうるかを焼く

鮎の骨を、丁寧に外します。

 

黒米入り おこわ

黒米入り おこわ

 

野菜の天ぷら

野菜の天ぷら

 

〇〇マス? アヒージョ

とっても、美味しいと大好評(^u^)

鮎を獲る投網にかかったそうで、〇〇マスと聞いたのですが、名前を忘れてしまいました。

 

茄子漬け

茄子漬け

お酒には、素朴なお漬物

 

黒焼き にんにく

黒焼き にんにく

ホクホク、食感

 

味噌の紫蘇巻き

味噌の紫蘇巻き

具が多い、ピリカラ味

素朴な、地元の家庭料理ばかりが揃いました。

 

デザート

デザート

枝豆・葡萄なども。 持ち寄り料理たくさん

 

ようやく、料理が完成しました \(^o^)/

いざ、いざ。

乾杯 ! !   かんぱ~い ! !   (^-^)(^u^)

 

みんなが 揃って

みんなが 揃って 乾杯

 

羽茂川 鮎の会の会員証の帽子

羽茂川鮎の会 会員証の帽子

 

会員は、自分の仕事を見つけて何かしら参加すること。

学生時代の合宿のように、ワイワイ賑やかに (^_^)v

 

羽茂川に鮎の稚魚を放流する活動を、続けている鮎の会。

 

今日のために何度も投網をし、鮎を突きに出かけて、

たくさんの鮎を揃えて下さったのは会長さん。

 

呑みものは、基本的には各自が持参。

自分の畑の野菜を、持ち寄りました。

 

料理屋さんの座敷に座って、運ばれた料理をいただくのではなく、

みんなで作る事に意義があります。

 

まず、鮎を焼くための石を選ぶことから始まって、

火に強い大きな石を3時間かけて高温で焼き上げることが必要な鮎の会。

石がよく焼けていないと、折角の鮎の石焼きがうまくいきません (>_<)

時間をかけて準備をした後に、お天道様のもとで楽しむ酒席は、

得も言われぬ豊かさを感じます。

 

普段はなかなか会うことができない会員同志が集まる、小じんまりとした鮎の会。

地域の先輩方と、たくさんお話ができました。

ありがとうございました。

 

☆。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。☆

 

鮎の会から帰って

我が家の前の国道は、ランのコース。

ゴールまで あと数百メートル

ゴールはもうすぐ

 

ゴールまで、あと数百メートルの地点。

アストロマン達の挑戦は続いています。

安全のための蛍光タスキを掛けて、ゴールへ向かってラストスパート。

選手のみなさんも、充実した一日の締め括りを迎えようとしていました(^_^)v

 

☆。。。。。。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。。。☆

 

私たちは、レースの前夜祭、サンテラスーパーアリーナで行われたウエルカムパーティーのお手伝いをしました。

サポートのスタッフ

サポートのスタッフ

 

佐渡のサザエを焼いたもの、イカの一汐干しを焼いたもののサービスを担当。

やわらかくて、甘みのある佐渡の焼きイカは選手のみなさんに好評 (^_^)v

 

佐渡市 広報より

佐渡市 広報より

 

無事にトライアスロン大会が運営され、佐渡の夏の行事が終了しました\(^o^)/

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!