ツンツン ニョキニョキ 

佐渡の山々は、大佐渡方面も小佐渡方面もてっぺんまで新緑でおおわれました。

フレッシュな空気が、満ちてくるような気がする季節です。

 

大地が温もり、ツンツンと出てきたのはワラビ。

わらび

わらび

楽しみにしている山菜取りに、行ってきました。

陽当たりのいい畑には、ふくふくとしたワラビがいっぱい生えています。

( 姉の家の畑で、安心な山です)

 

友人からストーブの木灰(ヘぇ~)を分けてもらってあるので、たっぷり振りまきアクを抜きます。

かけるお湯の温度は、アツ過ぎずヌル過ぎずが肝心。

慣れない頃は熱湯をかけてしまい、トマトの湯むき状態にしてしまいましたが‥。

今ではやっと、シャキシャキ食感を残しながら、

独特のヌメリを楽しめる、アク抜き法を会得したところです。

 

アク抜き 完成

アク抜き 完成

新鮮だからこそ素朴に、ワラビにカツオのけずり節を乗せて、ポン酢で食べたり、

きゅうり・エノキ茸・新生姜・人参の千切りを、だし醤油味のサラダ風に。

 

春の山に入って山菜を採るのは、季節の楽しみ。

美味しく食べるために、ひと手間をかけることも一年に一度の楽しみです。

 

「コロナが落ち着くまでは」と

わらび取りを楽しみにしている甥一家は、今年はGWの帰省を自粛。

「そうだね」と

アク抜き用の木灰を添えて、佐渡のワラビを届けました。

 

☆。。。。。☆。。。。。☆

 

次は、ニョキニョキと土を割って出てくるさまに、逞しい生命力を覚えるアスパラガス。

アスパラガス

アスパラガス

出始めたばかりのアスパラは、ふっくら柔らか。

ツヤツヤ肌のアスパラは、佐渡にUターンして生産に取り組み始めた農業女子の作品。

収穫後まだ 30 分の、生き生き美しい姿です。

 

ご多分に洩れず、コロナ自粛のために、観光や人の往来が減っている現状が続き、

丁寧に育てたアスパラが、思うように売れない‥。

しかし、

畑では、毎日ニョキニョキ育ってくるアスパラ。

美味しい今、美味しく食卓にのせて欲しい‥。

生産者は、同じ思いでいることでしょう。

 

「食べて下さい」と フェースブック友達からの投稿がありました。

収入が激減しているのは、農家も同じです。

 

我が家では、バターで炒めて醤油味でとか、

茹でてマヨネーズ味でと、簡単な味付で食べることが多いアスパラ。

パスタにも、サラダにも、彩りのいい春野菜として大活躍しています。

 

「生産者の方は、どんな食べ方をしていますか」 聞いてみました。

 

すると、答えは焼く‥でした。

焼きアスパラ

焼きアスパラ 塩

オーブンで焼き、5 分間そのまま放置し、塩で食べるそう。

 

本当に(^_^)/

アスパラの持つジューシーで自然な甘さが、更によく味わえました。

 

我が家のアスパラ畑(?)では、やせっぽっちのが収穫できました。

どこが、どうして、こんなにも違いがでるのでしょう?

 

アスパラは水の管理が大切で、肥料も必要とする野菜なので、

無肥料では、チョッと無理なのだそうです。

 

生産者さんから手入れの仕方を教えていただいたので、

来春には逞しいアスパラが、ニョキニョキ出てくるよう

秋冬の手入れを怠りなく、肥料を施し、土作りに取り組んでみようと思います。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!