セニアカーが行く

佐渡の道を車で走っていると、出合うのがセニアカー。

近くのJAまで 買い物に

近くのJAまで 買い物に

畑に出かけるにも、セニアカーで。

水やりや草むしりの手入れが終わったら、帰りにはキュウリやナスを積んで帰ります。

いざ 畑へ

いざ 畑へ

お年寄りの足として、大活躍。行動範囲が広がりました。

バス停の傍にセニアカーが置かれている時は、バスに乗り換えて、○○さんのお婆さんは病院に行かれたのかな? 田舎ならではのおおらかさと、現実がそこにあります。

乗って運転してみると、実に簡単。 セニアカーが急速に普及したワケがわかります。

お年寄り達の横を通り抜けるときは、自動車の方が安全を守って、気をつけて。

大型ダンプもスピードを落として、追い越しが出来る所までノロノロついて走る場面もしばしば。

「 お年寄りにはかなわんよ 」 と言いながらも、誰もが優しい運転をしてくれています。

お茶飲みに ご来店

お茶飲みに ご来店

天気の良い日には散歩がてら、コーヒーを飲みに来て下さる、ご常連さんのマイカーです。

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!