もち米塩糀

今夜も、嵐です。

 

真冬の寒の最中にしておきたい仕事に、餅米入りの塩糀作りがあります。

準備するものは

餅米 :  2 Kg

塩 : 1 Kg

糀  : 1.36 Kg ( 糀 3 袋 )

 

佐渡 塚本糀店産  

佐渡 塚本糀店産  

 

写真を撮るのを忘れてしまいましたが、餅米は蒸して、糀は塩と混ぜ合わせておきます。

( 塩は美味しいものを選んで )

 

餅米を蒸かす

餅米を蒸かす

 

餅米の荒熱がとれたら、ボールの塩と糀を混ぜ合わせて、タッパーウエアーに仕込みます。

 

タッパーウエアに

タッパーウエアに

 

丁寧に毎日混ぜて、糀がもち米を溶かし、塩と馴染むまで待ちます。

 

出来あがり

出来あがり

 

この塩糀で肉や魚を漬けると、糀と餅米の甘さが旨さを加えてくれますし、野菜のお漬けものは色鮮やかに漬かります。 

 

寒の時期に仕込むのは雑菌が少ないからだとか。 

餅米入り塩糀を作るようになって四回目。

この餅米入り塩糀は、実家でも母が作っていたものです。

母が元気な時に作り方を習っておけばよかったのですが、手順や分量を教えてもらいそびれていました。 

 

ブログで佐渡の情報や、いろいろなお料理を紹介して下さっている、“ レイコの赤玉日記 ” の中に、レシピを見つけ、真似したら大成功   \(^o^)/

レイコさんのレシピは、郷土食や季節の野菜の保存方法、お漬けもの、味付けのコツ、自家製の調味料の作り方など多彩。

私にも作れそう‥と思うのが、たくさん紹介されています。

困った時も、レイコさんのブログ見ては教えてもらっています。

 

クックパッドもよく検索しますが、郷土食の作り方は、地元の先輩にお聞きするのが一番。

我が家の食卓にも、佐渡の味を伝えていきたいな (^_^)v

塩糀は出来あがりまで少し時間がかかりますが、楽しみに待ちま~す (^_^)/

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!