むら芝居「さどおけさ」

島に春を告げるむら芝居

刷りたてのポスターを届けて下さったのは、

赤泊地区で、この会の発足の時から、育て、サポートしてこられた先輩のご夫婦。

 

さどおけさ

さどおけさ

 

今年の演目は 「さどおけさ」

主催:赤泊演劇研究会
日時:3月5日  午後3 時~ 6 時~
会場:赤泊総合文化会館

 今年で 26 回目の公演となったそうです。

出演者や裏方さんを合わせると、100人を超えるメンバーが参加する民話を基にした創作劇です。

劇に参加するのは、小学生、民話の会の方、山田やまびこ会の太鼓や踊り、

御番所太鼓の会、コーラスのリトルかたつむりなど。

スタッフは、メーク、舞台装置、照明、音響効果、黒子、総務や記録‥他。

 

赤泊の方言や、昔から伝わる素朴な遊びや歌を、子ども達に伝えることにも熱心です。

 

テーマは、蕎麦屋の老夫婦に拾われた猫 の 恩返し 

子ども達

子ども達と 若い娘 おけさ

 

蕎麦屋の場

蕎麦屋の場

流行らない村の蕎麦屋の老夫婦が

若い娘 おけさ

若い娘 おけさ

弱った猫を拾い、育てることになり‥と、続きます。

山田ハンヤ

山田ハンヤ

佐渡おけさの基となったと伝わる、山田のハンヤ節

山田やまびこ会

山田やまびこ会

太鼓や笛が、力強く湧きあがるお祭りのワクワク感を盛り上げます

御番所太鼓

御番所太鼓

赤泊御番所太鼓の若い太鼓グループ

フィナーレ

フィナーレ

 

いま住んでいる地域に誇りと愛着をもって、赤泊ならではの魅力を発信したい・・。

民話を基にした、赤泊演劇研究会の人達。

続けることにはさぞや、ご苦労もある‥はず。

大勢が集まるからこそ、多少の面倒と楽しみがあって\(^o^)/

出演された先輩は、

「 あの場面をああしたかった。こうしたほうが良かったかも‥」

反省の言葉を、次々とおっしゃっていました。

地域ならではの文化を持つ誇り、その信念と意思を感じます。

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!