ふるさと応援料理教室

まちぐるみで地域活性化に取り組む活動が、佐渡で動き始めています。

6月14日、インターネットを活用して日本各地の食と食文化を応援している“ ぐるたび ”のサポートのもと、ふるさと応援料理教室in佐渡が開催されました。

この日講師を勤めてくれたのは、老舗洋食店 “ 日本橋たいめいけん ” 三代目茂出木シェフ。

メモをとりながら 

メモをとりながら 

一般参加の主婦の注目の中、ふわふわオムライスの作り方を教えていただきました。

たいめいけんレシピ オムライス ソイのながもいりソース

たいめいけんレシピ オムライス ソイのながもいりソース

佐渡のバター、生クリーム、トマト、ナガモなどの海草でソースを作ります。

塩、胡椒したソイを皮目からよく焼き、ソースを添えました。

調理する楽しみと、味見の楽しみ。家庭にもどって、家族に食べてもらうことも楽しみです。

たいめいけんの定番の味 コールスロー

たいめいけんの定番の味 コールスロー

メインの料理に添えられるコールスローですが、丁寧に作ることが大切。

何度も味見を繰り返し、味を決める。 この味も含めて “ 店の定番の味 ” なのだそうです。

マコガレイの洋風煮付け 干し柿の前菜

マコガレイの洋風煮付け 干し柿の前菜

おけさ柿を使っての前菜は、小さい器の中に美味さぎっしり、味の組み合わせが楽しい一品。

‥ 干し柿とマスカルポーネ海の幸の競演コンソメジュレと共に ‥

干し柿とマスカルポーネ海の幸の競演 コンソメジュレと共に

干し柿とマスカルポーネ海の幸の競演 コンソメジュレと共に

干し柿を熱湯につけてやわらかくし、内側の柔らかい部分を取り出し、細かくたたきます。

ラム酒を少し煮詰めアルコールを飛ばし、干し柿と混ぜ合わせます。

マスカルポーネはボールに移し、生クリームを5,6分立てにし、その中に入れておきます。塩少々を加え、ホイッパーで10分だてにしておきます。

細かくたたいた干し柿、マスカルポーネを袋に入れ絞る。ウニ、コンソメジュレの順に器に入れる。干し柿のへたをのせ、細かく切った小口ねぎをちらして完成。

ソイの香草パン粉焼き

ソイの香草パン粉焼き

色どり豊かな野菜を準備

色どり豊かな野菜を準備

料理の基本となる、フォンドボー、デミグラスソースなどは、家庭では缶詰など利用してOK。

色どりや食感、香りなどの演出も紹介して下さいました。

少人数でしたので、ソースや素材を途中で味見させてもらいながら、フライパンの使い方などアドバイスしてもらいながらの実践的な教室でした。

佐渡の食材を使ったふるさと応援料理教室、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

もっと大勢の人が参加して、佐渡の食のレパートーリーが広がるといいですね。

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!