はるちゃん工房と釣り花

夏の終わりのしめばり山荘で、小さな展覧会。

野の花と、山頭火の “ ?歳とれば 故郷恋し つくつくほうし ” の句が 迎えてくれます

初日には、裂き織りを木々の光と風の中に広げ、動きのある演出が楽しかったそうです

春子さんは、古い布・食器・道具を新しい感覚で生活の中に使いこなし

書道の筆・竹筆などで味わいが変わって面白い作品がいっぱい

はるちゃん工房 の作品展は  8/28 ~ 9/10 まで

鬼クルミの枝に いくつある?

山荘の仙人は、森の中に遊び場を、せっせと製作中です。

ハンモックに寝そべって、子供時代のように空を見上げると、風の音・土の香り・お陽さまが作るゆらゆら動く枝の陰。 しめばりの森へ遊びに行こう !!

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!