ちりめんじゃこの ふりかけ

嵐の余波が続いて、今日も佐渡汽船は欠航です。

不要不急の外出を控えて‥の、人の動きも少なめ。

 

☆。。。。。☆。。。。。☆

 

簡単メニューでも、おいしいものを食べたい・・・。

ということで、

香ばしく、咬む程に食感もしっかりした

堅めのちりめんじゃこで、ふりかけを作ってみました。

 

生姜と縮緬じゃこを、つくだ煮風に。

ちりめんじゃこ 生姜

ちりめんじゃこ 生姜

地元のお酒と、手作り醤油で。

材料 これだけ

材料 これだけ

旨味がギュと濃い佃煮に。

 

応用編の一品。

みかんの皮と ちりめんじゃこ

干したみかんの皮 ちりめんじゃこ

材料は、みかんの皮を干したもの(陳皮)、じゃこ かつお節 炒り胡麻 海苔。

陳皮の香りが効いた、

地味ですが、それぞれの旨味を楽しめる、ふりかけになりました。

 

そして、もう一品。

大根の葉っぱ ちりめんじゃこ

大根の葉っぱ ちりめんじゃこ 胡麻

大根の葉を湯がき、胡麻油で炒めてみました。

 

ちりめんじゃこのふりかけは、

メインになるおかずにはなりませんが、

炊き立てご飯の、ひと箸分のアクセントに。

 

料理研究家の土井善晴さんは、

「家庭料理は、穏やかで地味なもの」

和食は、

「素材の自然そのまま、工夫しない味」

と、おっしゃっています。

素朴で地味で、飽きのこないのが家庭の味。

 

塩や味噌で野菜を漬けて、ひと品。

お味噌汁をひと碗。

今日の我が家は、まさにこの状態です。

 

無理無くカルシュウム(^O^)

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!