さどの島 銀河芸術祭

昨夜から振りだした雨の音を聞きながら、家の中で過ごしています。

 

一時は大雨の警報が出される程でしたが、乾ききった畑や稲穂が出揃った田んぼがダムとなって、水が溢れることもなく大雨の峠は過ぎたようです。

佐渡には久しぶりの、恵みの雨となりました。

 

☆。。。。。。。。。。。。。☆。。。。。。。。。。。。。。☆

 

佐渡の島内の数か所を会場として、島内外の作家14名の作品が展示されています。

 

GALAXY ARTFESTIVAL

SADO ISLAND        GALAXY ART FESTIVAL

 

その一つの会場である、新穂正明寺 旅荘・国見荘の作品を見に行って来ました。

 

本間 秀昭さん 竹工芸

本間秀昭さん 竹工芸

 

良質な竹が採れる佐渡。

真っ直ぐに伸びる竹を、たおやかな美しい曲線に。

 

本間さんの作品は、ボストン・シカゴの美術館に続き、

ニューヨークのメトロポリタン美術館にも収蔵されています。

 

戸田かおりさん 硝子

戸田かおりさん 硝子

 

やわらかい色合いの硝子が、美しい作品。

戸田さんは、2010年から佐渡に工房を構えています。

 

Jujiさん 木版画

jujiさん 木版画

 

浮世絵木版画の技法で

佐渡の風景を表現されています。

 

お昼には、この正明寺のお米、コシヒカリで作ったおむすびを。

“ 島むすび ” ランチやお茶を、どうぞ。(^_^)v

 

島むすびランチ

島むすびランチ

 

 

窓から見えるのは 朱鷺

窓から見えるのは 朱鷺

 

朱鷺が池に水浴びに降りたり、この望遠鏡の先の木の枝にとまったり。

この日は、枝になんと11羽。

自然の中で自由に飛びまわっています\(^o^)/

第一回目の朱鷺の放鳥は、保護センター近くのこの場所から行われたそうです。

 

国見荘は、伝統芸能の文弥人形を守り継ぎ、舞台を持つ旅荘でした。

放浪の画家・裸の大将として知られる、山下清画伯のお母さんの生家でもあるそうです。

画伯は「母のふるさとで眠りたい」という言葉を残されていて、

その遺志にもとづいて、本籍地である佐渡に遺骨も納めらているそうです。

 

国見荘のおかみにお話を伺い、初めて知ることばかり。

 

作品展のために、この期間だけの会場としてオープン。

舞台 新栄座の幕

舞台 新栄座の幕

新栄座 

新栄座

 

前期 8.10(金) ~ 26(日) まで

後期 9.28(金) ~ 10.14(日) の34日間

入場は無料。

 

後期には、作品がさらに増えて

佐渡アール・ブリュット

佐渡アール・ブリュット

 

島内外の障害を持つ方々の作品展を予定。

専門の美術教育を受けていませんが、素晴らしい才能と感性から表現された作品ばかり。

 

佐渡では、身近な所で芸術や芸能のかおりが漂っています。

 

他の会場

他の会場 マップ

 

ようこそ、

過去と未来の寄港地へ。

 

以上 ( 内容については、響く島SADO )を資料としました。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!