さっちゃん桜

久しぶりに何の予定もない、春うららの日。

みごとな枝ぶりと聞く “ さっちゃん桜 ” を訪ね、ドライブしてきました\(^o^)/

 

さっちゃん桜

さっちゃん桜

 

満開

満開

 

静かな校庭に、どっしりとたたずむ  “ さっちゃん ”

風格ある古木で、添え木が枝を支え、手厚く保護されています。

 

旧内海府小学校

旧内海府小学校

校庭の中ほどに、子供たちの背丈でも届く、身近な “ さっちゃん桜 ”

子供たちがこの桜の下で、どんなに楽しく遊んだのか想像できます。

満開の桜の下で、年に一度、全校生徒が給食を楽しむ日があった・・・そうな。

きっと、一生の思い出になっているのでしょうね。

 

教室の窓

教室の窓

揺れる桜の枝を教室から眺めたら、

さぞや

休み時間が待ちどおしかったろうな。

 

ほぼ 満開

ほぼ 満開

 

根元 ごつごつ

根元は ごつごつ

 

海府桜

海府桜

正式には「海府桜」と呼ぶそうですが、通称では “ さっちゃん ”

古木ゆえに、枝いっぱいに花を咲かすのは隔年なのだとか。

佐渡一周線からは校庭の桜は見えません。

近くのガソリンスタンドで、尋ねると

「 “ さっちゃん ” は、その坂を下ってすぐですよ」と、ニコニコ。

地域の小学校のシンボル桜は、ゆったりとやさしく揺れて美しい姿でした。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

年間アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!