きゅうりの佃煮

激しい雨が佐渡を襲い、あちこちで道路が冠水しました。

道路に水は溢れましたが、畑や大きな田んぼダムが吸収し、川はたくさんの雨を受け入れ海へと運んでくれました。 夕方には、大雨の峠は無事過ぎたようです。

 

このところの長雨で、キュウリだけは順調に育ち食べきれないほど取れます。

取れたのが、オバケきゅうり

おばけ きゅうり

太っちょ きゅうり

2~3mmの厚さに切り、塩漬けし、一晩おき、しっかり水気を絞ります。

塩漬けしてから 水気を絞って

塩漬けしてから 水気を絞って

しょうがの細切り、小口切りの鷹の爪、砂糖、醤油、酢 を合わせた調味液で、

短時間強火で煮る。( 弱火で煮ると、きゅうりの歯ごたえが悪くなります。)

きゅうり しょうが 鷹の爪

きゅうり しょうが 鷹の爪

煮汁が無くなったら、大きめな皿に移して冷まし、細切り昆布を混ぜます。

きゅうりの佃煮

きゅうりの佃煮

美味しく作るコツは、きゅうりが新鮮な時に作ること。のみ !!

太っちょきゅうりが、歯ごたえのいいオカズに変身します (^O^)

田舎暮らしだからこそ、太っちょきゅうりが出回るわけで‥都会生活では、こういうことは起こらない、忙しさ。

余った野菜を漬けたり、干したりして保存してきた、主婦の仕事を少し見習ってみました(^-^)

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!