おとなの遠足 大川 水津姫崎灯台へ

おとなの遠足   2 月 25 日

 

両津・大川と水津を訪ね、姫崎灯台 ~ 風島弁天を散策

( 半月ほども前のことで、遅くなってしまいましたが )

 

当日は、冬とは思えないほどの陽ざしに恵まれ、遠足日和に (^_^)v

車に分乗して両津・大川集落、朱塗りの橋が目印しの津神神社に。

10 時、集合。

 

津神神社 橋

津神神社 橋

 

石を抱く松 鳥居

石を抱く松  鳥居

みごとな根っこ

 

津神 神社

津神 神社

 

 

大川集落全体で、2008 年から町おこしの一環として始まった、

街並みの “ 版画の村 ” 活動の作品を見学。

 

集落で暮らす逞しい生活ぶりと、人をモデルに、集落の人が制作。

愛情をもって、素朴に。

 

街並みの版画アート

 

版画の大川 美術館

版画の大川 美術館

 

 

版画 プレス機

版画 プレス機

大きな版画専用プレス機械です。

 

集落の版画カレンダー

集落の版画カレンダー 10年分

和らぎ美術館内

 

あちらにも、こちらにも。

集落の家ごとの壁に、村の暮らしぶりや、祭りのようす、村の風景など。

馴染みのある生活が、版画に表現されています。

 

特殊なフィルムにプリントした作品を、アルミパネルに加工し、

水や熱に強く、劣化も目立たなくした新しい技術で、可能になったのだそうです。

 

次に、姫崎灯台へ。 少し車で移動。

姫崎灯台

姫崎灯台

真近に見上げると、とても美しい灯台です。

新潟⇒佐渡への船内アナウンスで、「 本船は姫崎灯台を過ぎ、両津湾に入りました‥」の灯台。

 

姫崎燈台館

姫崎燈台館

沖には、ジェットフォイルが通り過ぎ、雪の残った大佐渡の山々が見えます。

桜の季節も、きっとやさしい風景が見られるでしょうね。

になる、ポイントです(^-^)

館内

館内

管理をされているガイドさんに説明をいただきました。

 

水津港 前 げんざ

水津港前 茶房 げんざ

水津港前に、昨年からオープンしている<茶房 げんざ>さん。

店主は、定年を期にU ターンし、たくさんの懐かしいレコードとCDを揃え、

大きなステレオで試聴もできる、コーヒー茶房です。

 

お弁当 休憩

またまた、お楽しみおしゃべりタイム(^。^)

 

午後の散歩、再開。

風島弁天

風島弁天

 

岩肌沿いに 階段が

岩肌沿いに 階段がぐるり

絶景かな、絶景かな。

風島の、広くおだやかな光る海が見晴らせます\(^o^)/

 

赤亀岩 

赤亀岩

 

風島パークを、てくてく。

帰り道

帰り道

歩いて歩いて、60 メートルの岩山を登って降りて、おしゃべりして。

 

観光バスは立ち寄らないけれど、風島弁天は渚のそばの小さな公園。

海岸沿いにはトイレや休憩所もあり、散策ロードも整備されていまので、ゆっくり過ごせます。

 

みなさんが、とても健脚なこと(^-^)

海風を感じながら、歩くことを楽しんでいるお仲間たちばかりです。

 

今回は、13,000 歩。水津海岸をなぞる遠足でした。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!