いご草

「危険なほどの暑さです。今日も熱中症に注意してください」

先ほども、消防の広報車がアナウンスして通って行きました。

 

☆。。。。。。。☆。。。。。。。☆

 

真野の港を、海岸に沿って通りかかると、

にぎやかな話し声が、聞こえてきましたので‥。

 

「これは何ですか?」

「何の作業をしていらっしゃるのですか?」

つい、つい、質問ぜめの私に、

いご草 浜で天日干し

浜で天日干し

「いご草の選別をしておるのよ~」

ゆったりとした、ご返事。

 

「お写真も撮らせていただいていいですか?」

「ど~ぞ」

いご草の選別中

いご草の選別中

お二人とも、声が美人。

お姿もとっても若くて美人。

なのに、

これじゃ、何もわからんけどね~。

ハハハ~!(^^)!

なので、許可をいただいての一枚です。

 

テントの下で、海草の選別作業中の、漁師さんに出会いました。

きっと、豊漁だったのでしょう( ^^)

明るい声で、忙しく作業されていました。

いご草の選別

いご草の選別中

いご草は、海草に絡まって集まる性質なのだそうで、

お盆の頃まで、漁が続くそうです。

いご草 

いご草

佐渡の夏の風物詩、いご草の天日干し風景

 

一時間ほど前に干したという、右側のムシロのいご草と、

今、並べたばかりのいご草の色が、こんなにも違って見えます。

暑い太陽の下で、一日で干し上げるそうです。

海草独特の香りが、あたり中に漂っていました。

 

昔、むかし

母の手伝いをして、いご草に混じった小石を取り除いたり、

海草に絡んでいるものを、掃除したり‥。

下準備に手間をかけ、一緒に作ったことを思い出します。

 

鍋で煮て、薄くのばして、固まるのを待てば、

海草のかおりが濃く、さっぱりとした味の“いご”完成。

 

細く切った晒ネギと醤油でいただくのが、我が家の定番でした。

懐かしい、佐渡の夏の味です(^^♪

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!