いごねりをいただいて

乾燥の日が、続いています。

 

績雪に備えて、道の両端に緑色に点滅するポールが立てられていますが、

昨年のようなホワイトアウト状態や、雪での混乱はなく、出番はありませんでした。

ホッ (^。^)

 

 

今日は、作りたての “ いご ” をいただきました。

 

それで、いくつか思い出した情景が‥。

 

子どもの頃、お婆さんの手伝いをした時に、手順は見たことがあって、

鍋で煮て、煮て、練って、練って、型に流して、半日ほど待てば、

あら不思議、やわらかく固まるではないですか\(^o^)/

 

楽しい思い出です(^-^)

 

いつか自分で作ってみようと思って、今、手元に “ いご草 ” 準備しているのですが‥。

まだ‥実際に作るところまでは、至っていません (>_<)

いご草 

いご草

いごを作るには、いご草に混じる他の海藻を取り除くことから始まります。

地味な作業が、でき上がりのなめらかさにつながると教えられたものです。

 

煮て 冷まして 待つ

煮て 冷まして 待つ

先輩が作られた “ いご練り ” を、トレーごといただきました(^-^)

 

いごねり

いごねり

郷土食として親しまれている“ いごねり ” ですが、以前には家庭で作るものでした。

のんびり時間がある時に、家族の為に作り、楽しんでいたもの。

 

祝いの時や、お客様への特別なご馳走にと用意したのが “ いごねり ”

ネギを薬味として、醤油をかけて食べることが一般的ですが、

更に手をかけて、豆腐の白合えにしたりして、食卓に変化を出してくれていた事を覚えています。

 

海藻の香りが、部屋いっぱいに広がります。

いご草は、高千地域の荒磯育ち、味が違うのだそうです。

本物の “ いご ” は、しっとり、なめらか、ヌメリがたっぷり。

 

おいしいこと(^u^)

 

懐かしく美味しいものは、お隣さんにもとお裾わけし、

みんなで一緒に「食の思い出」を、いただきました。

 

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!