ブログプロフィール

株式会社アクア・グリーン佐渡ヶ島 Photo

株式会社
アクア・グリーン佐渡ヶ島

ブログ担当の湖屋です。新潟県中越出身で2001年春から佐渡のコメ作りに魅力を感じて移住しました。
2008年から弊社でお米の注文受付から発送の仕事をしています。
自然の恵みを一粒一粒のお米に取り込んだ「佐渡のコシヒカリ」をお届けいたします。

苗作りのために

水に浸した種は、毎日の水温を足して

100度になると、芽が出やすい状態になると

言われています。

あっという間に、50度を超えました。

最近は、風は強いものの気温が高く、このまま

田植え頃もあたたかい気候に恵まれると良いなぁ

と思います。


苗を作るハウスでは、整地を行いました。

細長いハウスに小さなプールを作って、苗を作り

ます。平らにプールができていないと、苗に水が

行き渡らないので、水平器や、長い棒などを

使って地面を整えます。

うっかり走ってしまうと、、、

地面がボコボコになるので、静かに歩きます(笑)

今日は、お天気もよく風も昨日に

比べて弱まりました。

コシヒカリとこしいぶきの種籾を

塩水選をして、水に浸しました。

軽い種を除いて、より良い苗作りを

目指します。

種も品種によって色が少し違います。

田んぼでは、すべての江掃除が終わり

砂利を深いところへ運んで入れて

います。

プレゼント品のご紹介

アクア・グリーン佐渡ヶ島のお米を

コースでお買い上げ頂くと、写真の

ような佐渡の特産品を1つプレゼント

させていただいています。


佐渡の福くる巻き


佐渡の柿餅本舗さまの商品です。

佐渡の名産おけさ柿を干し柿に加工

した後、さらに巻いてスライスする

という丁寧な手作りの逸品です。


プレゼント品は、コースの1回目に

同梱させていただいております。

写真は一例です。何がお米と一緒に

入っているかは届いてからのお楽しみ

です。

どうぞお楽しみに ♪

苗箱運び

26年産の米づくりでは、昨年より

少し面積が増えます。

有難いことに、苗箱を分けてもら

えることとなり、トラックで運び

ました。

苗箱は、きれいに洗浄し後日消毒

する予定です。

育苗ハウスでは、雑草を片付けて

苗を育てる準備をしました。

26年産米づくりスタート

3月1日 晴れ

今日から、26年産の米づくりがスタート

しました。

一番大切な苗作りのために、ハウスの

準備、苗箱の準備、農庫の整理をします。

そして、田んぼの水を落として田植え

が4月末にできるように計画をしていき

ます。

佐渡地方は、しばらく春の暖かさが続いて

います。

平野部には、雪は全くありませんが山間部

には、雪かきして積もった雪がかなり高く

残ったままのようです。


お米の出荷の方は、コシヒカリを中心に

最近はこしいぶきも好評いただいています。