大上塚本商店

[ お土産 ]

原料へのこだわり

大上塚本商店で加工してる原料のイカは、日本海近海で獲れたイカと、佐渡沖で獲れたイカだけを使用しています。
日本海近海で獲れたイカは身厚でやわらかく、食べ応えがあります。生きたまま船上ですぐに急速冷凍しているので、鮮度を保ったまま保存することができ、また、加工することができます。
佐渡沖で獲れたイカは、日本海近海産に比べて小ぶりですが、うまみは抜群です。収獲できる期間は、一年のうちでも初夏の1ヵ月程だけ。朝獲れたばかりのイカを、その日のうちに加工するので、鮮度も抜群の製品が出来上がります。

厳選した材料だけを使用しています
乾燥方法のほか、イカの加工にかかせないのが「塩」と「水」です。
塩は、数多い塩の中から厳選した2種類の塩をブレンドして使用しています。1つは粒の細かい国産の天日塩、もう1つは粒の粗いオーストラリア産のデボラ塩(デボラ湖から採掘した天然塩)です。この2種類の塩を独自の割合でブレンドすることで、理想のまろやかな味わいの塩を再現しています。
水は、天然水のほかに、佐渡海洋深層水・高ミネラル水(塩分のみを除き、ミネラル分を残した海洋深層水)を使用しています。高ミネラル水を使うことで、イカの鮮度を落とさず、イカの中にまで、天日塩の塩分を浸透させることができます。

独自の加工方法で、いかの美味さを引き出します!
基本的に、日本海近海産のイカは急速冷凍したものをその日に解凍した分だけ、佐渡沖産のイカは朝獲れたものを、その日のうちに加工します。
イカは機械を使わず、すべて手作業で開いています。1杯のイカをさばくのにかかる時間は、たったの5秒。イカ開き専属スタッフの手によって、一枚一枚丁寧に加工されています。
イカの乾燥は、他ではまねできない、当社独自の技術で行なっております。絶妙な加減で乾燥したイカは、タウリン(アミノ酸の一種)がさらに引き出され、イカ本来のうまみと柔らかさが実感できる仕上がりとなります。

住所 〒952-0016 佐渡市原黒556-3
TEL 0259-27-3996
FAX 0259-27-7512
Webサイト http://bigup.co.jp
営業時間 平日 8:00 ~ 13:00 (電話対応可能時間)
定休日 土日祝、夏期休暇、年末年始
取扱商品 イカ加工品
販売場所 オンラインショップでのみ販売

地図

タップすると地図が表示されます。