初夏の薬味野菜

五月の太陽は、丈夫で美味しい植物を育てます。

みょうがたけ

みょうがたけ

5月の末頃、いっときだけの楽しみの味があります。

薬味としたり、味噌汁の浮き実、わかめと酢味噌などと相性がいいようで‥

初夏の味として、香りと食感が楽しい茗荷竹。

野ぶき

野ぶき

その他にも、山椒の若い芽、独活(うど)、野ブキなども今の時期ならではの、苦みと香り。

子供の頃には、どこが美味しいのかさっぱり理解できなかった味ですが‥

初夏の癖ある薬味達。佐渡の曲者達がいい味を出して、ほんの少しなのに存在感たっぷり。

畑の周りに植えられた果樹には、可愛い実がついてきました。

ぶどう

葡萄

キュウイ

キュウイ

いちじく

いちじく

小さな実がずんずん大きくなる様子には、目を見張る生命力があります。

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!