柿の葉茶作り

柿との一年のお付き合いの途中に、いくつもの楽しみがあります。

そのひとつ、柿畑の若葉を摘んでの、柿の葉茶作り。

摘み取ったばかりの若葉

柿の若葉

この十年近く手入れが出来ず無農薬・無肥料の、いわゆる耕作放棄された伯母さんの柿です。

不思議なことに虫も下草も綺麗で、荒れた畑の感じがしません。

洗って 刻んで

洗って乾かし 刻んで

柔らかい葉を丁寧に摘み、洗い、刻み、短時間蒸し、風通しのいい所で乾燥します。

柿の葉には、熱に強く蒸しても失われにくいビタミンCが多く含まれていて、体にも優しく、ほのかな甘さが魅力のお茶ができます。

ノンカフェインなので、子供も安心して飲んでいただけます。

通常のビタミンCは熱に弱く、熱すると壊れて減っていくのですが、柿の葉のビタミンCはプロビタミンCと いうビタミンCになる前の状態のもので、熱に強いのが特徴です。お湯を注いで飲んでもその効果が破壊されることがない・・・・・・・・のだそうです。

摘み取ってから少しでも早くお茶にしようと、夜なべ仕事で蒸し、竹のざるに広げ乾燥へ。

蒸した柿の葉 竹ざるに広げて乾燥

蒸した柿の葉 竹ざるに広げて乾燥

あま~い香りが部屋にいっぱい広がりました。

出来上がりと、味見が楽しみです (^u^)

佐渡みかん への2件のコメント

  • yata  2012年5月26日 at 8:31 PM  

    仕事が速いですね~~
    細かく刻むのは、新鮮でした。
    我が家は、まだまだ田圃にかかりっきりです。゚(゚´Д`゚)゚。

    • 柿餅本舗  2012年5月26日 at 9:53 PM  

      柿の葉茶作りは今年で2年目ですが、正直、どうやっていいのかよくわかりません。
      なので、インターネットを先生にして、自分に都合の好さそうなところを、継いだりはいだりしながら作っています。
      今は、陰干し中です。

コメントをどうぞ

* は必須項目となっております。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

佐渡の柿餅本舗

2009年秋、佐渡へ移住。
「佐渡の特産を使い、昔から食されてきた柿餅を、佐渡のお菓子として多くの人に知ってもらいたい」という想いから、商品化に乗り出しました。

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

  • 「無添加!」柿本来の甘みを活かすお菓子を作っています!